美味!日本海の幸

一度は本場で味わいたい“極上の海の幸”

日本海の新鮮な海の幸がたっぷりと味わえる石川県。「加能ガニ」「香箱ガニ」「甘エビ」「ノドグロ」「岩ガキ」「寒ブリ」など、鮮度抜群の食材が職人の技でさらに美味しい料理となって提供されています。旬の魚介を使った「寿司」や「海鮮丼」は絶対に食べたいグルメとして人気です。

石川県の“海の幸”が美味しい理由

暖流と寒流のふたつの海流が交わる好漁場
石川県沖の日本海は南からの暖流と北からの寒流が交わる海域。それぞれの潮の流れが能登半島にぶつかり、たくさんの魚が回遊する恵まれた漁場です。山からの栄養分を含んだ川が多く流れ込む能登半島沿岸の海には魚の餌となるプランクトンが豊富。たっぷりと餌を食べた石川の“海の幸”は脂がのって美味しいと評判です。

コレは食べたい!旬の魚介

獲れたての新鮮魚介を味わおう!
「朝獲れた魚介」を地元で消費する文化が残る石川県では鮮度抜群の海の幸を存分に堪能できます。四季を通してさまざまな魚介が楽しめるので旬の魚介をぜひ味わってみてください。
「加能(かのう)ガニ」
冬の味覚の王様。地元ではズワイガニのオスを「加能ガニ」と呼びます。太いカニの脚には身がぎっしりと詰まっていて贅沢な味わい!繊細で甘みが強く、カニ本来の旨味が堪能できます。(旬:冬 漁期は11月~3月)
「香箱(こうばこ)ガニ」
ズワイガニのメスが「香箱ガニ」。甲羅の中の卵(内子)は旨みが凝縮され、味は濃厚で甘みがあって美味しい!香箱ガニの出汁が味わい深く、「味噌汁」や「かに鍋」にして食するのもおすすめです。(旬:冬 漁期は11月~12月末)
「甘エビ」
とろけるような甘さとプリッとした食感が魅力の甘エビ。特に卵を抱えたメスはとても美味しく、珍重されています。お刺身だけではなく、焼いたり、揚げたり、とさまざまな食べ方が楽しめます。(旬:秋~冬)
「ノドグロ」
「白身のトロ」と言われるほど脂がたっぷりとのった高級魚。クセのない味わいで旬の時期以外でも脂がのっていて美味しい!(旬:秋~冬)
「岩ガキ」
能登で獲れた天然の岩ガキは殻から溢れんばかりの大きな身入りが特長。広がる磯の香りと旨みが堪能できます。(旬:夏)
「寒ブリ」
冬に産卵のために南下してきたブリを「寒ブリ」と呼んでいます。特に日本海産のものは脂がのってうまいと評判。ぶりしゃぶやぶり大根などのほかに、郷土料理の「かぶらずし」として食されています。(旬:冬)

手軽に極上の味を!「百万石の鮨」

“親父の一貫”を含む、特選10貫セットをぜひ味わって!
熟練の寿司職人が吟味した旬のネタを握った特選10貫セット「百万石の鮨」。県内の26店舗で一律3800円(税込)というお手ごろ価格で提供されています。10貫の中には“親父の一貫”と呼ばれる職人の技とこだわりが堪能できる渾身の一貫が含まれていてとても好評です。観光案内所で「百万石の鮨」のお食事券を販売しています。
新鮮ネタと職人の技がコラボ!回転寿司

新鮮ネタと職人の技がコラボ!回転寿司

鮮度抜群のネタと、豊富な種類で大満足!

日本海の海の幸を気軽に味わいたいなら回転寿司がおすすめ。金沢をはじめとする県内各地の漁港から届く厳選された地魚や、高級魚までネタの種類が豊富。寿司職人のレベルが高く、好きなネタをタッチパネルで注文するスタイルが主流なため、握り立ての寿司が味わえるのがうれしい!

近江町市場の絶品グルメ!海鮮丼

絶対食べたい!豪華な盛つけで大人気
金沢の観光スポットとして人気の近江町市場。食べ歩きメニューが充実しているが、特に名物海鮮丼は大ぶりにカットしたネタがどんぶりいっぱいに盛られているため食べごたえ満点。観光客の必食グルメとして評判です。市場内には鮮度抜群の海鮮丼を味わえるお店が数多く点在。週末やランチタイムは混雑しているため、お目当てのお店の営業時間をチェックしてお出かけください。

地魚と地酒を味わう海鮮居酒屋へ

朝獲れ魚介を贅沢に味わいたいなら立ち寄ってみて!
新鮮な海の幸はもちろん、おいしい地酒が満喫できる海鮮居酒屋。旬の魚介にこだわったお刺身盛り、地魚の焼き物、地元の食材を使った鍋料理など絶品料理がリーズナブルな価格で楽しめます。店主が選ぶ地元食材を使った料理と地酒との相性も抜群。地元客が通う人気のお店が数多く揃っているので、夜ごはんに気軽に立ち寄ってみては!