九谷焼窯跡展示館

くにしていしせき くたにやきかまあとてんじかん
「古九谷」が廃絶後、大聖寺の豪商「吉田屋伝右衛門」によって、文政6年(1823年)山中町九谷で再興された九谷焼。その後2年で山代に移されました。再興された窯は「吉田屋窯」と呼ばれ古九谷と並ぶ名品として高い評価を受け、以後「宮本屋窯」「藩営九谷本窯」「民営九谷本窯」「九谷陶器会社」「九谷陶器本社」「大蔵寿楽窯」「嶋田寿楽窯」と受け継がれ現在に及んでいます。九谷焼はこの地を中心として連綿と受け継がれ数々の名品が生み出されたのです。

【見学のみどころ】
(1)展示棟(母屋)
旧窯元だった木造建築を修復しており、建物自体が加賀市指定文化財です。年4回の再興九谷に関する企画展と常設展、跡ロクロ成形体験・九谷焼絵付け体験のコーナーがあります。
(2)九谷磁器窯跡
国指定史跡です。江戸時代後期、すでに絶えて久しかった九谷焼を再興すべく、江沼郡(現・加賀市)の豪商四代目吉田屋伝右衛門が築窯し、受け継がれた登り窯の底面遺跡です。遺跡を保護しているシェルターは建築家 内藤廣氏の作品です。
(3)登り窯
昭和15年〜40年まで実際に使われていたものです。加賀市指定文化財。再興九谷江沼諸窯の平均的なモデルと考えられています。
住所 〒922-0242 石川県加賀市山代温泉19の101番地9
電話番号 0761-77-0020
FAX番号 0761-77-0031
公式サイト 国指定史跡 九谷焼窯跡展示館
口コミサイト トリップアドバイザーで口コミを見る
営業時間/期間9時00分〜17時00分(入館は16時30分まで)
定休日火曜日(祝日は営業)・年末年始はお問い合わせください
料金【入館料】
一般 310円
75歳以上 150円
団体(20名以上) 260円
※高校生以下及び障がい者手帳をお持ちの方は無料

≪体験 ※入館料別途必要≫
・絵付け体験:2,000円~3,000円(絵付けに使用する皿等の種類により異なります)
・蹴りろくろ体験:1個3,000円、2個4,500円
交通アクセス(車)北陸自動車道加賀ICから約15分。
交通アクセス(公共)JR加賀温泉駅から加賀温泉バス温泉山中線で約10分「山代東口」バス停下車、徒歩約5分。
キャンバス山まわりコース6a九谷焼窯跡展示館バス停下車、徒歩約2分。
駐車場乗用車約30台
所要時間≪体験≫
・絵付け体験:90分~
・蹴りろくろ体験:60分程度
体験内容≪見学≫
旧窯元だった木造建築を修復た展示棟のほか、九谷磁器窯跡(国指定史跡)などを見ることができます。

≪体験≫
・本格的な九谷焼の「上絵の具(和絵の具)」を使った絵付け体験
・昔ながらの足で蹴って回転させるロクロ(蹴りろくろ)の体験
受入人数≪見学≫
解説が必要な場合は最大40名

≪体験≫
・絵付け体験:最少1名 最大12名
・蹴りろくろ体験:最少1名 最大2名 ※3名以上の場合は交代しながらの体験になります。
旅ぱす特典内容入館料50円引き
ユニバーサルデザインその他建物入口にスロープあり
備考・館内解説を希望される場合は、事前に可能かどうかご確認ください。
・絵付け体験の作品は、お手元に届くまでに2週間~1ヶ月かかります。
・蹴りろくろ体験で制作した作品は、乾燥および2回の焼成が必要なため、発送までに2ヶ月ほどかかります。
・蹴りろくろ体験の細かい注意事項は公式ウェブサイトに記載がありますので必ずご確認ください。