里山里海の美味グルメ

里山里海に囲まれた能登は食の宝庫!

三方を海に囲まれた能登半島は、豊かな自然が多種多様な食材を育む食の宝庫。新鮮な魚介や山の幸にも恵まれ、どの季節に訪れても旬の食材に巡り合えます。

奥能登の味覚がギュッとつまった「能登丼」

地元の新鮮素材をたっぷり使ったオリジナル丼
旬の魚介やブランド肉など奥能登産(輪島市、珠洲市、能登町、穴水町)の食材をふんだんに使ったご当地丼「能登丼」。地元のお米や水を使いヘルシーで、奥能登らしいオリジナル丼を提供しています。例えば、「能登牛」のヒレステーキをのせた「能登牛ステーキ丼」、港からの直送魚介を使った「能登朝市丼」、輪島で獲れる天然フグを使った「輪島ふぐ丼」など、多彩な丼が味わえます。丼と一緒に提供されるお箸は持ち帰ることができます。

能登が誇るブランド和牛「能登牛」

肉質がきめ細やかで、上品な脂が特長!
年間の出荷頭数が少なく「幻のブランド牛」と言われる「能登牛」。肉質がきめ細かく、脂肪の質がいい和牛として高く評価されています。牛肉のやわらかさや食感などに影響を与えるオレイン酸が脂肪内に多く含まれているのが特長で、美味しさの秘密と言われています。ご当地丼「能登丼」のほかに、県内のレストランや和食店などでステーキやしゃぶしゃぶとして召し上がれます。

天然ふぐ漁獲高全国一!「輪島ふぐ」

お手頃価格でふぐ料理を満喫
能登地域にはとらふぐをはじめとして真ふぐ、ごまふぐ、しょうさいふぐ、しろさばふぐなど多様な天然ふぐが水揚げされ、輪島市は天然ふぐ類漁獲量が5年連続日本一(2015年度)。高タンパク、低カロリー、コラーゲンたっぷりで美容・健康に最適。「てっちり」などの定番料理はもちろん、濃厚な味わいの白子天ぷら、から揚げ、ひれ酒など、絶品ふぐ料理が楽しめます。能登を訪れた際には新鮮な天然ふぐをご賞味ください。
わじま食めぐり2018~能登立国1300年記念~

わじま食めぐり2018~能登立国1300年記念~

2018年4月1日から12月31日まで、「輪島ふぐ」の税込1300円メニューを販売するキャンペーンを実施。リーズナブルに輪島ふぐをお召し上がりいただけます。購入者には輪島沖の海水で作った『能登の國 海塩』をプレゼント!

里海が育む海のミルク「能登かき」

肉厚で甘みたっぷりの海の恵みを堪能
「能登かき」はプランクトンが豊富な七尾湾で養殖されるため、1年で出荷可能なほど。小粒ですが、肉厚の身と濃厚な味わいが特徴で、1つ食べるととまらないほどの美味しさ。出荷時期は毎年10月から翌年4月頃。焼き牡蠣やカキフライ、牡蠣めしなど、ボリューム満点のかきのフルコースもおすすめです。

朝獲れの魚を味わう「すし王国 能登七尾」

能登の新鮮なネタにこだわった極上寿司
「七尾湾」「富山湾」沖は暖流・寒流が交わり、四季を通じて様々な魚が獲れるとても恵まれた漁場です。朝獲れた魚が昼には店頭に並ぶ七尾では、新鮮な魚やシャリにこだわったお得なメニューを提供しています。すし王国七尾で、旬の海の幸を味わってください。

オムライスの父の故郷で味わう「宝達志水オムライス」

各店舗オリジナルなオムライスが味わえる!
宝達志水町出身のシェフが日本発祥の洋食オムライスを考案したと言われています。そのため宝達志水町では「オムライスの郷」プロジェクトを展開し、オリジナルオムライス「やわらぎオムライス」を開発。町ではオリジナリティに溢れた多彩なオムライスが提供されています。ご当地オムライスを味わうために宝達志水町へ立ち寄ってみてください。

能登の風土が香る「能登ワイン」

能登が育てた本格生ワイン
穴水町はじめ能登で栽培されたブドウを使い、同町内にあるワイナリーで醸造するのが「能登ワイン」。赤土の土壌に地元でとれたカキの貝殻を肥料として使うことで、糖度が高く、ほど良い酸味のあるブドウが出来上がります。そんなブドウ本来の香りや味わいを生かしたフルーティーな飲み口が人気です。2013年の国産ワインコンクールで、ヤマソーヴィニヨンという品種で醸造した赤ワインが金賞を獲得するなど、品質も高く評価されています。