白山比咩神社

しらやまひめじんじゃ
神聖な木々に守られた神社、縁結びの「しらやまさん」
日本三名山の一つに数えられる白山(はくさん)は、「白き神々の座」として古くから都人たちのあこがれの山でした。
その白山を神体山とする白山比咩神社(しらやまひめじんじゃ)は、全国に約3千社もある白山神社の総本宮で、地元では「しらやまさん」とよばれ親しまれてきました。
御祭神・白山比咩大神(しらやまひめのおおかみ)は、またの名を菊理媛神(くくりひめのかみ)といい、ご縁を「くくる」神といわれます。
樹齢1000年以上の杉やあすなろがそびえる表参道や境内には荘厳な雰囲気がただよいます。

毎月1日は、「おついたちまいり」の参拝者でにぎわいます。
また宝物館には、重要文化財をはじめ多くの文化財が保存されています。
住所 〒920-2114 石川県白山市三宮町ニ105-1
電話番号 076-272-0680
FAX番号 076-273-0933
公式サイト 白山比咩神社
営業時間/期間宝物館拝観時間
9時00分〜16時00分(4月〜10月)
9時30分〜15時30分(11月)
定休日宝物館:12月〜3月冬期休館
料金宝物館:拝観料 大人(個人)300円 (団体)200円  高校生以下無料
交通アクセス(車)北陸鉄道石川線鶴来駅からタクシーで10分。
金沢から車で50分。
交通アクセス(公共)JR北陸本線金沢駅東口8番乗り場から加賀白山バス鳥越線(1日4便)か白峰駅(1日2便)で一の宮下車、徒歩5分。
北陸鉄道鶴来駅よりバスをご利用ください。(一の宮バス停下車)
駐車場500台

このスポットから近い宿泊施設

このページを見ている人は、こんなページも見ています

石川 旬のおすすめ旅