個性派ぞろい! 石川を走る電車たち

海を、山を、まちなかを、車窓から楽しむ鉄道の旅

東京~金沢間を疾走し、陸のファーストクラスと呼ぶにふさわしいグランクラスのある「北陸新幹線」。
加賀・能登の粋を集結し、走る伝統工芸とも称される「JR七尾線」の「花嫁のれん」。
沿線自慢のビュースポットをめぐる「のと里山里海号」や、「花咲くいろは」ラッピング車両もある「のと鉄道」。
山に向かって走る北陸鉄道石川線と、海に向かって走る北陸鉄道浅野川線。
遠くから人々を連れて来る列車、おもてなし心満点の観光列車、地元の足として生活の中に根付いたローカル列車…。
役割はそれぞれですが、どれも石川の風景を車窓に映し、今日も走り続けます。

「グランクラス」は陸路のファーストクラス

  • 1車両あたり6列×横3席、ゆったり仕様の専用シート

    1車両あたり6列×横3席、ゆったり仕様の専用シート

  • 人間工学に基づき、体に優しく設計

    人間工学に基づき、体に優しく設計

  • スイッチ1つで最大45度のリクライニング機能付き

    スイッチ1つで最大45度のリクライニング機能付き

  • ドリンクは、アルコール含めて10種類以上が飲み放題

    ドリンクは、アルコール含めて10種類以上が飲み放題

  • 軽食は、上りでは北陸の素材を使った「北陸編」、下りでは東京の味覚を詰めた「東京編」を提供

    軽食は、上りでは北陸の素材を使った「北陸編」、下りでは東京の味覚を詰めた「東京編」を提供

北陸新幹線「グランクラス」
2015年の開業以来、全国の注目を北陸に集め、首都圏と石川のアクセスを飛躍的に向上させて多くのお客様を呼び込んだ立役者、北陸新幹線。中でも贅を尽くしたおもてなしを提供するグランクラスは、まさに「陸路のファーストクラス」です。東京~金沢間を約2時間30分でつなぐ「かがやき」の高速アクセスも魅力ですが、せっかくグランクラスに乗るのなら、3時間かけて贅沢気分をたっぷり味わえる「はくたか」もお勧めです。
セレブ気分を味わえる、「グランクラス」の嬉しいポイント!

セレブ気分を味わえる、「グランクラス」の嬉しいポイント!

●最大45度にリクライニングする、ゆったり仕様の専用シート
●往復で内容が変わる軽食、10種類以上から選べて飲み放題のドリンク
●1車両にアテンダントが2人もつく、きめ細かいサービス
●スリッパ・アイマスクなど充実のアメニティ

「花嫁のれん」で金沢から和倉温泉へ

  • ホームに上がると華やかなのれんが特別感を演出

    ホームに上がると華やかなのれんが特別感を演出

  • 田園風景に絢爛豪華な車体が映える

    田園風景に絢爛豪華な車体が映える

  • 1号車は格子戸風の柱で区切られた8つの半個室が並ぶ

    1号車は格子戸風の柱で区切られた8つの半個室が並ぶ

JR七尾線「花嫁のれん」
嫁ぐ娘を送り出す古くからの婚礼儀式を彩る「花嫁のれん」。ドラマにもなって、石川のゆかしい伝統として全国的に知られるようになりました。金沢から和倉温泉まで、加賀と能登をつなぐJR七尾線では、その「花嫁のれん」の名を冠し、豪華な加賀の伝統と、土まで優しい能登のもてなしを合わせた石川の魅力満載の観光列車が走ります。
走る伝統工芸「花嫁のれん」の嬉しいポイント!

走る伝統工芸「花嫁のれん」の嬉しいポイント!

●加賀友禅・輪島塗・金沢金箔などを取り入れた和モダンなデザイン
●友禅の絵柄があしらわれた8つの優雅な半個室
●伝統工芸作品の展示・販売や、「楽市楽座」などの車内イベント
●加賀屋監修の弁当や辻口博啓氏のスイーツなど、能登の美味を味わえる

「のと里山里海号」でゆったり奥能登の車窓を望む

  • 日本の原風景とも言える里山里海のパノラマを車窓から眺める

    日本の原風景とも言える里山里海のパノラマを車窓から眺める

  • 能登鹿島駅のホームを覆う桜は、鉄道ファンならずとも感激の絶景

    能登鹿島駅のホームを覆う桜は、鉄道ファンならずとも感激の絶景

  • のどかな田園風景。里山の景色の中を2両編成で走る

    のどかな田園風景。里山の景色の中を2両編成で走る

  • 能登中島駅では日本に2台しか残っていない鉄道郵便列車「オユ10」を見学

    能登中島駅では日本に2台しか残っていない鉄道郵便列車「オユ10」を見学

のと鉄道「のと里山里海号」
七尾駅から穴水駅まで、世界農業遺産に認定された能登の里山里海の景色を電車に乗って満喫。通常40分で走る行程を、アテンダントの案内を聞き、要所要所で停車しながら、60分かけて走ります。日本の原風景とも言える里山里海のパノラマを車窓から眺め、能登の「まいもん(美味しいもの)」を味わう「食事付きプラン」もお勧めです。
風光明媚な「のと里山里海号」の嬉しいポイント!

風光明媚な「のと里山里海号」の嬉しいポイント!

●ビューポイントで一時停車。ガイド付きでゆっくり景色を味わえる
●桜の季節は感激の絶景!別名「さくら駅」の能登鹿島駅がおすすめ
●能登中島駅では全国でも珍しい鉄道郵便車「オユ10」の見学も
●スイーツ、寿司御膳、ほろ酔い…食事プランは時間帯でチョイス
 

「ラッピング列車」も走る「のと鉄道」

  • 「花咲くいろは」ラッピング列車

    「花咲くいろは」ラッピング列車

  • 西岸駅には作中に登場する「ゆのさぎ」と書かれた駅名標も

    西岸駅には作中に登場する「ゆのさぎ」と書かれた駅名標も

  • マジンガーZほか「永井豪キャラクター」ラッピング列車

    マジンガーZほか「永井豪キャラクター」ラッピング列車

のと鉄道「ラッピング列車」
人気アニメ『花咲くいろは』で駅のモデルとなったのは、のと鉄道の「西岸駅」。アニメでは『湯乃鷺駅」の名で登場しました。聖地巡礼として多くのファンが西岸駅を訪れ、2012年に「花咲くいろは」ラッピング車両が運行開始。プラットホームには「ゆのさぎ 湯乃鷺」と書かれた駅名標も立っていて、ファンを喜ばせています。

「北陸鉄道」に乗って、海へ山へのローカル旅

  • 「白山比咩神社」へは「恋のしらやまさんきっぷ」をご利用ください。

    「白山比咩神社」へは「恋のしらやまさんきっぷ」をご利用ください。

  • 海沿いのベッドタウン、内灘から金沢を結ぶ「浅野川線」

    海沿いのベッドタウン、内灘から金沢を結ぶ「浅野川線」

北陸鉄道「石川線」「浅野川線」
沿線住民の足として愛され続けているローカル線。野町駅から白山麓の鶴来駅に向かう「石川線」では、旅の切符「恋のしらやまさん」を使えば、縁結びの神社「白山比咩神社」にお参りし、鶴来の町並みやパワースポットを堪能する旅ができます。また、金沢駅から海方面の内灘駅へ向かう「浅野川線」なら、海風を感じられるサイクリング旅がおすすめ。どちらの路線も、無料で自転車を持ち込める「サイクルトレイン」を期間限定で実施しているので、金沢から少し足を延ばして、海山の自然を感じながら巡る旅を楽しんでみてはいかがでしょうか。
ローカル情緒たっぷり「北陸鉄道」のポイント!

ローカル情緒たっぷり「北陸鉄道」のポイント!

●白山の麓、鶴来へ向かう北陸鉄道石川線
 車窓にはローカル線ならではののどかな田園地帯が広がります。
 
●海を見たくなったら、北陸鉄道浅野川線
 終点の内灘駅から北へ1キロほど歩けば、海に出ます。