「朝の観光・食」特集!

早朝から石川県の美食に舌鼓。

石川県には食の体験ができるスポットや、美味しいお店がたくさん。
豊かな里山里海でとれる石川県の幸を、早朝から味わいませんか?

近江町市場の早朝散策(金沢市)

地物を使った贅沢な料理を味わう
およそ300年の歴史を持つ金沢市民の台所・近江町市場には、早朝から開店している店があり、海鮮料理をはじめとしたこだわりの料理を提供しています。市場ならではの新鮮な食材を使った独自のメニューを、ぜひ堪能してみてください。

金沢ならではの朝食(金沢市)

1日の始まりは特別な朝ごはんから
金沢には、地元産の食材を使ったこだわりの朝食を提供しているお店があります。手作りと出来たてにこだわった贅沢な朝食を味わえる「菜喰 安心院」、地物の山の幸、海の幸を贅沢に使った温泉旅館ならではの料理が楽しめる「金澤尾張町 朝食茶屋 こかりあん」、忙しい朝におすすめの金沢駅構内のおむすび専門店「おむすび処 むすび」の3店舗をご紹介します。

輪島朝市(輪島市)

日本三大朝市の一つで、会話を楽しみがら値切りに挑戦!?
日本三大朝市に数えられる輪島朝市では、千年以上の歴史を経た現在も、活気のある声が飛び交い、賑わいをみせています。そんな輪島朝市での買い物や食べ歩きは、特別な体験になること間違いなし。
また、金沢駅の「おべんとう高野商店」では、能登の美味しさを詰め込んだ「輪島朝市弁当」を販売しています。

はづちをがわ市(加賀市)

地元の新鮮な食材を朝市で
山代温泉の曲輪にある「はづちを楽堂」では、3月~12月の第1・第3日曜日、7:00~8:00のあいだ、はづちをがわ市が開催されます。地元・加賀の生産者が新鮮な食材を届けてくれる朝市で、その種類も様々。少し早起きをして、総湯・古総湯と合わせて楽しんでみては?

のとじまファーム収穫体験(七尾市)

「能登はやさしや土までも」
石川県の能登地方は、2011年に「能登の里山里海」が世界農業遺産に認定されたように、古くからの暮らしと美しい里山景観がしっかりと残っています。
そんな能登の里山で、農薬や除草剤などを使用せず、手間ひまかけて育まれた作物の収穫体験ができるのが「のとじまファーム」。ブルーベリー、じゃがいも、ミニトマトの3種類が収穫できるうえ、どれも一定量まで持ち帰りできます。ブルーベリーやミニトマトはつまみ食いもOKで、朝どれの新鮮さがすぐに味わえます。

湯涌朝市(金沢市)

静かな温泉街でひらかれる、地域密着型の朝市に参加
湯涌温泉は金沢の山間にたたずむ静かな温泉街。その歴史は古く、1300年の歴史があると伝えられています。
そんな湯涌温泉では、4月から12月の毎週日曜日に朝市が開かれています。地元農家が育てた新鮮な野菜や、手作りのおはぎなど、ここでしか買うことができない品揃えが特徴です。

わくら朝市(七尾市)

和倉温泉街で地元の食を満喫
和倉温泉では毎週日曜日の朝8:00から和倉温泉総湯前で「わくら朝市」を開催しています。総湯前に並んだ特設の販売スペースには地元の特産品や海産物はもちろん、手造りの加工品なども取り揃え、地元住民と観光客が交流できる場としても賑わっています。