刺し網体験

刺し網体験で能登の里海を満喫

刺し網漁とは魚の進路を遮るように網を張り、魚を網目に刺したり絡めたりして捕獲する漁法で、石川県で広く行われています。
珠洲市のNPO法人能登すずなりでは、「刺し網体験」を通して、普段あまり接することのない「海の仕事」を体験できます。獲れる魚はアジ、カワハギ、サザエ、マダイなど様々。

体験当日は朝5時に折戸漁港に集合し、刺し網漁船に乗りこみます。海・沖で事前に仕掛けておいた網の引き揚げと、港に戻ってからは魚の仕分け・選別を体験できます。さらに参加者にはとれた魚がプレゼントされるので、ぜひ自宅で魚料理に挑戦し、とれたての味を楽しんでみましょう。
また、波が穏やかな夏の体験では、天気が良ければきれいな朝焼けを見られるほか、普段は陸からしか見られない禄剛埼灯台や能登外浦海岸の景色を海から楽しめます。

※希望すれば前日の夕方に刺し網を仕掛ける体験にも参加できます
※詳細はNPO法人能登すずなりまでお問合せください

タグ

エリア
珠洲市
能登
カテゴリー
#体験・見学
#食の体験・農林漁業体験

基本情報

所在地
〒927-1213 石川県珠洲市野々江町シ部15
お問い合わせ先
NPO法人能登すずなり
電話番号
0768-82-4688
FAX番号
0768-82-6360
営業時間/期間
朝5時~7時(仕掛けは前日17時~18時)
休業日
なし
料金
5500円/人
駐車場
集合場所の折戸漁港に駐車場有(10台)
所要時間
2時間程度
受入人数
4人~(一?につき7人まで)

※施設情報が変更される場合があります。最新情報は各公式サイト等をご確認ください。

周辺情報

周辺でできる
体験プランを探す

このページを見ている人は、こんなページも見ています

ページトップへ