石川県金沢市|優雅な和の癒しを感じられる香りの旅で伝統の香りやお茶、金沢の歴史に触れる

2598ビュー

ほっと石川旅ねっと体験ライターの又木です。能登在住で、趣味の写真を通して主に能登の風景などを発信しています。今回は石川県金沢市で「香りの文化」に注目し、伝統の匂袋づくりや鼠多門で歴史に触れ、金沢のお茶文化を体験してきました。豊かな伝統文化が育んだ、優雅な“和の癒し”を感じられる金沢らしい香りに触れる旅をお楽しみください! 


石川県金沢市|優雅な和の癒しを感じられる香りの旅で伝統の香りやお茶、金沢の歴史に触れる

天然香料と香木を好みに合わせて調合〜オリジナルの匂袋づくり〜 

皆さんは「聞香(もんこう)」という言葉をご存知でしょうか。香道では、香りを「嗅ぐ」のではなく、「聞く」と表現されるのですが、この香りを聞き鑑賞することを聞香といいます。加賀藩前田家が嗜んだことから「武家の香道」とも言われる志野流。今も、金沢には志野流の香りの文化が根付いています。 

今回、普段は縁がない匂袋を自分で作れると聞き、金沢市でお香や線香・香皿・絵ろうそくを販売されている専門店『加賀の薫香 香屋』を訪ねました。こちらのお店では「香りに興味を持って欲しい」という思いからお香を身近に楽しめる、聞香や匂袋づくりの体験会を随時開催されています。 

お店に入ると奥の部屋に案内されるのですが、お店に入るとまず、お香の穏やかで優しい香りが体の中にすーっと入ってきます。田舎の祖父母の家と似たとても懐かしい香りを感じます。 

体験できる部屋には数種類の天然香料や香木が。どうやらこの中から自分好みの香りをブレンドして作っていくそうで実験みたいですね。 

香屋では白檀(ビャクダン)・丁字(チョウジ)・桂皮(ケイヒ)・大茴香(ダイウイキョウ)・基本香の5種類の香りを使用します。これをブレンドして、自分好みの匂袋を作ります。スタッフの方からそれぞれの香りの特徴を丁寧に説明してもらい自分だけのオリジナル匂袋を作るのですが、これがとっても楽しい! 

ちなみにこうした天然香料は漢方薬やカレーなどの香辛料、防虫剤としても使われている、とても身近なものなのだとか。 

香料を調合し香りをその都度確かめます。個人的には白檀と大茴香の香りが好み。少量ずつ加えて混ぜ合わせていき、香りを確かめます。 

香料を入れるほど「良い匂いだけどでもこれが気になるなぁ」と迷子になっていきます。それでも試行錯誤しながら全部の香料を使用して香りを整えて完成。

スタッフの方から「とても感性の豊かな方で、香りも爽やかでありつつ、深みのあるステキな匂袋をお作りになられたのが素晴らしいです」とお褒めの言葉をいただきました。優しいスタッフの方が丁寧に教えてくださるので初心者の方でも安心です。とても好みな匂袋ができ満足ですが、時間の経過とともに変化していく香りを楽しむのもオススメで、是非お楽しみいただきたいです。

香りを調合した後は、十数種類ある布の中から好みのものを選んで、匂袋を作ります。取材時の干支でもあった虎柄を選びました。可愛い。

他に、手紙などと一緒に香りを送るための小さな袋「文香(ふみこう)」を作ります。資料も用意されていてスタッフの説明を聞きながら作ります。 

こちらが完成した匂袋と文香。小さな虎柄の袋がとても可愛く、愛着が湧きます。文香は名刺ケースに入れました。香り付きの名刺を渡すときの皆さんの反応が楽しみです。

香りは調合後に熟成させることで、それぞれの香材の良さが引き立て合い、優雅な香りになるそう。その日の天気や気分で香りの感じ方は変わりますが、そうした変化を楽しめる今回の体験でした! 

とても気さくで丁寧な説明をしてくれたスタッフさん。こちらのお店は160年もの歴史ある町屋ならではの落ち着いた雰囲気に包まれており、お香と合わせてとても癒されるひとときを過ごせました。 

店内には様々な香りの商品が並びます。私も梅の花のお香を購入して自宅で使っていますが、穏やかな香りの中にほのかに甘い梅の花を感じられ、自宅時間が大変優雅になっています。 

今回お香に触れる匂袋体験は初体験だったのですが、とても良い体験をさせていただきました。日本古来の香りを楽しみ、忙しなく過ぎる日々の中にゆったりと過ごす時間を持ちたいなぁと思いました。金沢へお越しの際は是非おすすめです。小さな匂袋に金沢の思い出をいっぱい入れてお楽しみください! 

基本情報

加賀の薫香 香屋(かがのくんこう こうや) 

【住所】石川県金沢市武蔵町10番1号

【電話番号】076-260-1139

【定休日】火曜


〈オンリーワン匂袋作り〉

【体験料金】1,200円 ※プチ聞香体験1,500円もあり

【体験時間】30〜40分/10:30〜12:30、13:30〜17:30

【体験人数】2〜15名


››じゃらん遊び・体験予約はこちら

››加賀の薫香 香屋の公式サイトはこちら

玉泉院丸庭園と尾山神社を結ぶ鼠多門・鼠多門橋

続いて訪れたのは、「鼠多門(ねずみたもん)」と呼ばれる金沢城公園の西側にある城門です。実はこの門、明治時代に老朽化で橋が撤去され、門も火災で焼失していたのですが、現代の技術を駆使し、史実に基づき2020年に復元されました。この鼠多門と鼠多門橋の完成に伴い、長町武家屋敷跡界隈から金沢城公園、兼六園、本多の森公園へと続く観光ルート「加賀百万石回遊ルート」が誕生したそうです。 

尾山神社側から鼠多門橋を渡ります。 

黒い門の雰囲気は迫力があります!この門の特徴はとにかく壁の色が「黒い」こと。他の門と同じく外壁上部は白い漆喰塗りで、腰壁には海鼠(なまこ)壁が用いられていますが、その海鼠壁の継ぎ目が黒漆喰で仕上げられているというところが、他の門には見られない特徴です。

鼠多門を抜けると、加賀藩前田家により作庭された『玉泉院丸庭園』が目の前に広がり、雪吊りが冬の風情を醸し出しています。この庭園は明治期に廃止され失われたのですが、2015年に再現されました。

鼠多門の中は誰でも無料で見学できます。柱や梁が複雑に組み上げられている様子は迫力満点。門の復元には当時と同じ材料や工法を用い、このうち木材の7割は”能登ヒバ”などの石川県産なのだとか。能登ヒバといえば、独特なスーッとしたウッディな香りが特徴。館内に入るとほのかな木の香りに包まれます。 

2階からは玉泉院丸庭園を一望できます。 
説明パネルには鼠多門の復元時の取り組みの様子や歴史が記されています。 

尾山神社側から鼠多門に向かう途中には、尾山神社の神苑も。こちらもすごく綺麗なのでじっくり散策してみてください。 

鼠多門がある金沢城公園では不定期でライトアップされているそう。入園は無料、お隣の兼六園でも季節ごとの特別なライトアップが行われているそうですので、ぜひチェックしてみてください。 

基本情報

鼠多門(ねずみたもん)

【住所】石川県金沢市丸の内1-1

【電話番号】076-234-3800

【営業時間/期間】9:00~16:30 (最終入園16:00)

【備考】金沢城公園・玉泉院丸庭園ライトアップの入園口は、石川門口、鼠多門口、玉泉院丸口


››金沢城公園・玉泉院丸庭園ライトアップの詳細はこちら

老舗の日本茶専門店で日本茶を身近に感じる

外を散策して「少し休憩したいなぁ」と思ったら、金沢らしい日本茶を楽しめるカフェがおすすめ。そこで、ひがし茶屋街近くにある老舗のお茶屋さん『天野茶店』を訪ねました。 

こちらのお店は創業100年近くにもなる日本茶の専門店。観光客が増え、加賀棒茶などの認知度が高まってきたことから、 「もっと気軽に本物のお茶の美味しさと良さを知ってほしい」と テイクアウトを始めたそう。店舗の中にカフェスペースも設けて、多くの方にお茶の魅力を届けていらっしゃいます。

最近は急須を使ってお茶を入れることが少なくなり、より手軽に楽しむ形へとお茶の飲み方が変わってきている中、こうしたお茶を点てる体験はとても魅力的ですね。

店舗奥の暖簾をくぐると、町屋ならではの和の空間を活かしたカフェスペースが。今回、4代目の店主・天野喜一さんがお茶を淹れてくれました。茶葉がふんわりと香り、穏やかにくつろげる空間の中でおいしいお茶をいただくなんて、すごく贅沢な時間ではないでしょうか。 

いただいたのは抹茶とスイーツのセット(950円)。お菓子は和菓子の他、ジェラートや限定メニューなど数種類から選べます。今回は季節ごとで変わるお茶菓子の「冬至」を選びました。他にもほうじ茶豆や竹炭豆といった豆菓子がつきます。 

「お茶離れが進んでいると言われますが、実際には“急須文化”離れが進んでいるのです」と店主の天野さん。「茶道の礼儀作法や形式も大切ですけれど、そうしたことに縛られ過ぎず、もっとお茶を身近に楽しんで欲しいです」と話します。

実際に私自身も、お茶への興味はあってもとても敷居の高いようなものに感じていましたが、今回の体験を通して身近に触れ楽しめることが出来ることを知りました。ひがし茶屋街に行った際には、是非一度体験してみてください。

お茶の点て方を教わります。手首の動かし方や腕の広げ方などが重要なのですが、これがなかなかに難しい。
丁寧に教えていただけるので、初心者でも楽しく点てられます。 
上手に泡を立てることができました! 
飲むときの作法を教わります。器の表と裏を見て、表に来るように回します。 

お抹茶をいただきましたが、一口目で引き込まれるような深みを感じる香りが。イメージしていたより苦味が少なく、お茶の甘味と深い旨味が口の中いっぱいに広がりすごくおいしかったです。

もちろんお茶菓子との相性も最高でした!体の中にお茶がゆっくりと馴染んでいく。普段あまり感じたことのない体験で、すごくそれが新鮮でした。自宅でもほっと一息つくような、お茶を楽しむ時間を持ちたいなと思いました。 

急須の形をした鉄瓶の楊枝置きが可愛い。

天野茶店は、ご家族でお店をされていて、皆さんとても優しくお話をしてくださいました。加賀藩主の前田利家公が金沢城に入城した際、天野さんのご先祖が共に移り住んだそうです。歴史を受け継ぎつつ、時代のニーズに合わせてお茶の魅力を多くの人に届けようとされる姿に、日本茶への思いの深さを感じました。皆さんに訪れて欲しいおすすめのお店です。 

店内では、自家焙煎している加賀棒茶をはじめとした様々なお茶や茶道具を購入できます。お店では注文の都度、茶箱からお茶を取り出して量り売りしており、お客様との触れ合いを大事にされている天野さんの温かさを感じます。

観光地でもあるひがし茶屋街の近くにお店があります。ひがし茶屋街散策の際にぜひお立ち寄りください。 

基本情報

天野茶店 (あまのちゃてん)

【住所】石川県金沢市東山1-3-35

【電話番号】076-252-3489

【営業時間】

 お茶の販売:9:00〜18:00

 カフェ:10:00~16:30

【定休日】なし(1/1〜1/3は休業)

【駐車場】1台


››天野茶店の公式サイトはこちら

››天野茶店の公式Instagramはこちら

このページを見ている人は、こんなページも見ています

水引とは?発祥の地である金沢で学び、体験する
水引とは?発祥の地である金沢で学び、体験する
https://www.hot-ishikawa.jp/blog/detail_140.html
加賀八幡起き上がりとは?ひゃくまんさんのモチーフにもなった…
加賀八幡起き上がりとは?ひゃくまんさんのモチーフにもなった…
https://www.hot-ishikawa.jp/blog/detail_120.html
能登のグルメイベントを紹介!詳細はこちらをチェック!【2023…
能登のグルメイベントを紹介!詳細はこちらをチェック!【2023…
https://www.hot-ishikawa.jp/blog/detail_192.html
石川県庁展望ロビーで7つの新発見!周辺ランチもご紹介
石川県庁展望ロビーで7つの新発見!周辺ランチもご紹介
https://www.hot-ishikawa.jp/blog/detail_209.html
【白山市鶴来】サイクリングで周遊観光♪神社・ 寺院巡りで運気…
【白山市鶴来】サイクリングで周遊観光♪神社・ 寺院巡りで運気…
https://www.hot-ishikawa.jp/blog/detail_11.html
ユネスコ世界ジオパーク認定!白山手取川ジオパークの魅力とは…
ユネスコ世界ジオパーク認定!白山手取川ジオパークの魅力とは…
https://www.hot-ishikawa.jp/blog/detail_168.html
九谷焼や雑貨・インテリアを愛でる大人の女子旅|石川県小松市
九谷焼や雑貨・インテリアを愛でる大人の女子旅|石川県小松市
https://www.hot-ishikawa.jp/blog/detail_149.html
【金沢市大野】サイクリングで周遊観光♪発酵⾷で美活旅。
【金沢市大野】サイクリングで周遊観光♪発酵⾷で美活旅。
https://www.hot-ishikawa.jp/blog/detail_10.html
金沢南総合運動公園のバラ園
金沢南総合運動公園のバラ園
https://www.hot-ishikawa.jp/spot/detail_5069.html
石川県・能美市|話題のアスレチックスポットへ!自然豊かな里…
石川県・能美市|話題のアスレチックスポットへ!自然豊かな里…
https://www.hot-ishikawa.jp/blog/detail_88.html
ページトップへ
「令和6年能登半島地震」の影響による掲載内容の注意点
当サイトに掲載の情報については、震災の影響により更新が追い付いていないものがありますのでご注意ください。