豊財院

全600巻に及ぶ「血書大般若経」は圧巻。

今から約700年前、瑩山禅師によって能登で最初の禅修行の場として開かれました。

山腹にあるため、ここからは羽咋市の街並みを一望できます。

自らの手指を刺し、その血をもって「血書大般若経」を書写した月澗和尚(げっかんおしょう)は中興の祖とされています。

「血書大般若経」はその後、弟子たち7人に引き継がれ、その数は全600巻にも及びます。

タグ

エリア
羽咋市
能登
カテゴリー
#歴史・文化
#神社仏閣・城
#史跡・文化財

基本情報

所在地
〒925-0606 石川県羽咋市白瀬町ル8
電話番号
0767-26-1065
FAX番号
0767-26-1065
営業時間/期間
9時00分~17時00分(要予約)
休業日
不定休
料金
拝観料(宝物庫のみ):大人(高校生以上)400円 小中学生150円(団体割引あり)
アクセス(公共)
能登西部バス飯山バス停から徒歩10分

※施設情報が変更される場合があります。最新情報は各公式サイト等をご確認ください。

マップを表示

周辺情報

周辺の飲食店を探す
周辺でできる
体験プランを探す
周辺の宿を探す
宿泊プランを一括比較オンライン予約

このページを見ている人は、こんなページも見ています

ページトップへ
「令和6年能登半島地震」の影響による掲載内容の注意点
当サイトに掲載の情報については、震災の影響により更新が追い付いていないものがありますのでご注意ください。