前田家お膝元の城下町を歩く

街の中心で加賀百万石の歴史を学ぶ

藩政時代、歴代の前田家藩主は豊富な財力と、文化的な土壌を最大限に活用し、加賀藩をさらに豊かに、さらに文化水準を高めることに労を惜しみませんでした。その成果は、少し街を歩けばすぐに目に入ってくるでしょう。前田家のお膝元で、城下町の風情に包まれながら、まずは歩いてみませんか?

上・中級武士の暮らしに思い馳せながら長町武家屋敷跡散策

飲食店が軒を連ねるせせらぎ通りから一本路地を入ると、そこはもう江戸時代。両側に土塀と長屋門が続く石畳の界隈は、かつて上級・中級武士が屋敷を構えていた地域。再現した武家屋敷群には伝統工芸の店や雑貨店、飲食店なども入っていますが、中でも当時の武士の暮らしぶりを伝える展示館は必見です。加賀藩の奉行職を歴任してきた野村家屋敷跡は、総檜の格天井や山水画が描かれた襖、そしてミシュラン二つ星の評価を受けた見事な庭園を公開しています。中級武士の高田家跡では、このクラスの武家の間取りを忠実に再現し、暮らしぶりを垣間見ることができます。

玉泉院丸庭園から金沢城公園

1583年、前田利家公の金沢城入城以来、何度も火災に見舞われ、そのたびに再建が繰り返されてきた金沢城。明治以降も陸軍第九師団の拠点、金沢大学のキャンパスとして利用されるなど、時代によって姿を変えてきました。現在は金沢城公園として整備され、今も一部で発掘・復元が進められています。その中でもっとも新しく復元整備されたのが、歴代藩主の内庭として使われ、明治以降には廃絶されていた玉泉院丸庭園。三十間長屋との高低差を生かした石垣の造形は見事です。休憩所・玉泉庵ではお茶をいただきながら庭園全景を見渡すことができます。 

文化財指定庭園・特別名勝 兼六園

言わずとしれた日本三大名園のひとつ、江戸時代を代表する大名庭園の兼六園。3万4千600坪という広大な敷地に、曲水でつないだ池と築山を配した池泉廻遊式の庭園です。前田家の藩主が代々にわたり手を加え、180年の歳月をかけて完成させた兼六園は、今も県民の宝として大切に手入れされ、世界中から訪れる人々を魅了します。徽軫灯籠や唐崎松、蓬莱島、日本最古の噴水など、有名な見どころも、毎日5回行われるガイドツアーで解説を聞きながら巡ると、一つひとつの意味がわかり、いっそう感動が深まります。

成巽閣で奥方たちが愛でた濃やかな調度品を鑑賞

成巽閣は、もともとは十二代藩主斉泰公が奥方のために兼六園の敷地内に立てた奥方御殿でした。十三代藩主齊泰公は、晩年を過ごす母のため、さらに手を入れて優しく雅な空間に設え上げました。加賀藩の技術の粋を集め、舶来の品々を惜しげもなく買付け、女性が好む細部にまで洗練された邸宅が出来上がったのです。加賀藩の奥方たちの華やかな暮らしぶりは、毎年定例で開催される前田家伝来の雛人形・雛道具展や、折々の衣裳・調度展など、特別展で偲ぶことができます。

歴史と文化を感じながら本多の森を散策

石川県立美術館の裏手から本多の森を抜けて鈴木大拙館へ続く「美術の小径」「緑の小径」は、金沢の地形を足で実感しながら、博物館・美術館と庭園を巡る格好の散歩道になっています。藩政時代に整備された辰巳用水の分岐が水音を立てて流れ落ちる急な階段坂を下りると、金沢市立中村記念館の敷地に到着。さらに雑木林を抜ける小径を通り、鈴木大拙館に向かいます。そこから連絡口でつながっているのが、兼六園のお手本になったという「松風閣庭園」。森とせせらぎを通り、地形に驚き、茶の湯と庭園を味わい、哲学に到達する、金沢の真髄が詰まったミニトリップが楽しめるコースです。