輪島塗

わじまぬり
日本を代表する漆器
エリア:
能登
カテゴリ:
歴史・文化
発祥については諸説ありますが、応永年間(1400年頃)に「紀州根来寺(ねごろじ)の僧が輪島に来て、膳や椀に添加工した」ことが始まりとする説が有力です。その特色は塗りの堅牢さにありますが、これは輪島の通称・小峰山から産出される「地の粉(じのこ・海成珪藻土)」を下地塗りに使用するからです。また、加飾の沈金や蒔絵の技法にも優れ、日本を代表する漆器として高い評価を得ています。重要無形文化財に指定されています。
住所 〒928-0000 石川県輪島市
電話番号 0768-22-2155(輪島塗会館(輪島漆器商工業協同組合))
FAX番号 0768-22-2894
公式サイト 輪島漆会館(輪島漆器商工業協同組合)
営業時間/期間8:30~17:00(輪島塗会館)
定休日年中無休
交通アクセス(車)【輪島塗会館まで】
・金沢から約1時間50分(のと里山海道「のと里山空港IC」経由)
・のと里山空港ICから約25分
交通アクセス(公共)【輪島塗会館まで】
・金沢駅から輪島特急バス乗車約2時間30分「輪島塗会館」下車すぐ

このスポットから近い宿泊施設

このページを見ている人は、こんなページも見ています

石川 旬のおすすめ旅