七尾和ろうそく

ななおわろうそく
エリア:
能登
カテゴリ:
歴史・文化
 1892(明治25)年の創業以来120年余り、石川県で唯一、伝統の七尾和ろうそくを作り続けています。
 ろうそくは仏教の普及と共に、仏壇にともす明かりとして日本に広まったものと考えられています。江戸時代に原料の油をとるハゼの木の栽培が奨励され、ちょうちんの普及と相まって日本各地で和ろうそくは作られました。現在は仏事、祭礼用として使われています。
 七尾ろうそくは、フジバカマ(藺草)の髄(ずい)と和紙で作った芯に植物性油から採ったろうを使い、伝統の製法を今に伝えています。丁寧に作られた和ろうそくは、毎日の暮らしに豊かさをプラスするアイテムです。自分用にも、贈りものにもおすすめです。

 
住所 〒926-0806 石川県七尾市一本杉町11番地
電話番号 0767-53-0406
FAX番号 0767-53-8174
公式サイト 高澤ろうそく
営業時間/期間9時00分〜19時00分
定休日毎月第三火曜日
料金手描き絵ろうそく 1本525円〜
交通アクセス(車)JR七尾駅より徒歩約10分
駐車場2台
体験内容白檀(びゃくだん)や桂皮(けいひ)など天然の香料を調合して、匂い袋を作ります。
受入人数2〜8人
備考平日のみ 体験料:1袋500円 要予約

このスポットから近い宿泊施設

このページを見ている人は、こんなページも見ています

石川 旬のおすすめ旅