間垣の里(「まれ」ゆかりの地)

まがきのさと
エリア:
能登
カテゴリ:
町並み・建造物
奥能登各地に点在しているもので、輪島市では西保地区、皆月地区の一部の間垣が伝承されている。間垣というのは、高さ約5mの苦竹や真竹を割ったものを隙間なく並べた垣根のことで、冬の日本海から吹きつける季節風から家屋を守り、夏の暑い西日をさえぎるなどの効果があります。11月〜1月にかけて寒気が日本海から入り込み、強風が集落を襲うことから、毎年11月上旬頃に間垣の補修が行われます。
住所 〒928-0054 石川県輪島市大沢町、上大沢町
電話番号 0768-36-2001(西保公民館)
定休日なし
料金無料
交通アクセス(車)輪島市街地から海沿い県道38号線を進み約30分、竹で覆われた集落が目印
交通アクセス(公共)道の駅輪島ふらっと訪夢から路線バス「西保線」乗車、「大沢」または「上大沢」下車約30分
駐車場大沢町…観光バス2台、乗用車約50台
上大沢町…乗用車約10台、EV車1台
備考大沢町では土日祝に簡単な物販を行っています。また、食事場所はなく、トイレは西保公民館をご利用ください。

上大沢町は大型バスも旋回できるすスペース、トイレがあります。