小木袖ギリコ祭り

おぎそでぎりこまつり
急で細い階段を押し上げる迫力満点のキリコ祭り
 能登半島では珍しい奴凧を思わせる形の大あんどん(袖キリコ)です。クライマックスでは、9基の袖きりこが御船神社に向かう急で細い坂道(階段)を押し上げられ、その強さと迫力は漁師町ならではの勇ましく迫力ある祭りです。

 明治11・12年、社頭造営に曳き出しました。当時のキリコは巨大で西町、東町などは幅は十一間、高さ四間半であったが、大正3年、電灯線が架設されたので現在のように小さくなりました。奉燈キリコは能登一円に多くありますが、小木袖キリコは、ねぶたの流れをくむものではないかと言われています。両面の武者絵の描き方も良く似ているし、日本海文化の影響を受けていると考えられます。
開催期間 2018年9月15日(土)、16日(日) ※毎年9月第3土日
開催時間 1日目19:00~翌3:00
2日目13:00~18:00
開催場所 能登町小木地区
住所 〒927-0553 石川県鳳珠郡能登町小木
電話番号 0768-62-8532(能登町役場 ふるさと振興課)
FAX番号 0768-62-8538
公式サイト 小木袖ギリコ祭り
営業時間/期間8:30〜17:15
定休日土・日・祝日
交通アクセス(車)のと里山海道能登空港ICより車で約35分
駐車場小木活性化センター向いに臨時駐車場有

このスポットから近い宿泊施設

このページを見ている人は、こんなページも見ています

石川 旬のおすすめ旅