七尾城跡 ※令和6年(2024年)能登半島地震の影響により当面の間立ち入り禁止

約170年間栄えた、能登の守護・畠山氏によって築かれた山岳城跡です。険しい山岳部を巧みに利用し、難攻不落といわれた山城ですが、上杉謙信によって陥落されました。現在は、山頂まで車道があり、市街や能登島を望む展望台やハイキングコースなどが整備されています。

タグ

エリア
七尾市
能登
カテゴリー
#歴史・文化

動画

基本情報

所在地
〒926-0031 石川県七尾市古府町、古屋敷町、竹町入会地大塚14-1、2-4、15-2
お問い合わせ先
七尾市教育委員会スポーツ・文化課
電話番号
0767-53-8437
FAX番号
0767-52-5194
アクセス(公共)
JR七尾駅から循環バス「まりん号」順回り「城史資料館前」バス停下車、徒歩40分
駐車場
あり
関連リンク
公式サイト口コミサイト【関連記事】七尾城跡の絶景と歴史に触れる旅!

※施設情報が変更される場合があります。最新情報は各公式サイト等をご確認ください。

マップを表示

周辺情報

周辺の飲食店を探す
周辺でできる
体験プランを探す
周辺の宿を探す
宿泊プランを一括比較オンライン予約

このページを見ている人は、こんなページも見ています

ページトップへ
「令和6年能登半島地震」の影響による掲載内容の注意点
当サイトに掲載の情報については、震災の影響により更新が追い付いていないものがありますのでご注意ください。