中居たたら唄

中居は鋳物によって栄えましたが、その労働歌としての「たたら唄」を今に伝えています。かつて鉄を溶かすたたら(吹子)を6人ないし8人で踏みながら、音頭に合わせて威勢よい掛声で力強く歌ったといいます。調べは素朴ですが、郷土芸能として特色あるものです(町文化財昭和50年9月1日指定)。
●アオイヤオイヤソラフメソラフメここは中居か比良波志借か一夜泊りでイヤサーたたら踏む泊りで一夜一夜泊りでイヤサたたら踏むアオイヤオイヤオイヤオィヤソラフメソラフメ●歌うて踏まされ金屋の若い衆今は金屋のわく時や金屋の今は今は金湯のわく時や●新般造りて松前くだる横んだ荷物は中居釜荷物は積んだ積んだ荷物は中居釜(以下略)

タグ

エリア
能登
穴水町
カテゴリー
#歴史・文化

基本情報

所在地
〒927-0015 石川県鳳珠郡穴水町中居
お問い合わせ先
穴水町観光交流課
電話番号
0768-52-3790
FAX番号
--

※施設情報が変更される場合があります。最新情報は各公式サイト等をご確認ください。

周辺情報

周辺でできる
体験プランを探す
周辺の宿を探す
宿泊プランを一括比較オンライン予約

このページを見ている人は、こんなページも見ています

ページトップへ
「令和6年能登半島地震」の影響による掲載内容の注意点
当サイトに掲載の情報については、震災の影響により更新が追い付いていないものがありますのでご注意ください。