冨田少彦名神社 石祠

川北町指定文化財です。橘新地区にある冨田少彦名神社の境内にあるこの石祠は、軒裏垂木が2段になっている『二軒(ふたのき)』という建築様式で、全国的にも数が少なく、貴重なものです。
長押(なげし)に刻まれた松竹梅は、大胆な画風が主流だった桃山時代の趣を残しており、1600年ごろにつくられたと推定されています。

タグ

エリア
加賀
川北町
カテゴリー
#歴史・文化
旅のテーマ
#神社仏閣

基本情報

所在地
〒923-1277 石川県能美郡川北町橘新
お問い合わせ先
川北町役場代表
電話番号
076-277-1111
FAX番号
--
アクセス(車)
県道草深・木呂場・美川線橘新南交差点すぐ。
北陸自動車道美川ICより車で7分。
駐車場
なし

※施設情報が変更される場合があります。最新情報は各公式サイト等をご確認ください。

マップを表示

周辺情報

周辺の飲食店を探す
周辺でできる
体験プランを探す
周辺の宿を探す
宿泊プランを一括比較オンライン予約

このページを見ている人は、こんなページも見ています

ページトップへ
「令和6年能登半島地震」の影響による掲載内容の注意点
当サイトに掲載の情報については、震災の影響により更新が追い付いていないものがありますのでご注意ください。