鏡の池

実盛伝説の地

「今日は最期だ。今は用無きこの鏡、今生の形見に伝えよ」と斎藤別当実盛が、篠原の合戦に赴く際に白髪を染めるために使用していた鏡を沈めた、という伝説がのこる。

約12平方mの池の底におさめてある銅鏡は,年に一度、池の清掃の際にその鏡をみる事ができる。

  • 鏡の池

タグ

エリア
加賀市
加賀
カテゴリー
#歴史・文化

基本情報

所在地
〒922-0560 石川県加賀市深田町
アクセス(車)
加賀温泉駅からタクシーで約10分。
北陸自動車道片山津インターから車で約10分。
アクセス(公共)
加賀温泉駅からバスで23分周遊バスキャンバス 海まわり線 「地域バス停深田」降車300m ※帰り便31分 
(利用されるお客様がいる場合のみ停車するバス停です。必ずあらかじめ降車する旨乗務員にお申し出ください。)
駐車場
あり。

※施設情報が変更される場合があります。最新情報は各公式サイト等をご確認ください。

マップを表示

周辺情報

周辺の飲食店を探す
周辺でできる
体験プランを探す
周辺の宿を探す
宿泊プランを一括比較オンライン予約

このページを見ている人は、こんなページも見ています

ページトップへ
「令和6年能登半島地震」の影響による掲載内容の注意点
当サイトに掲載の情報については、震災の影響により更新が追い付いていないものがありますのでご注意ください。