波の花

なみのはな
エリア:
能登
カテゴリ:
滝・川・湖・ダム・海
 能登の冬の風物詩として知られている「波の花」は、季節風が強い日、岩に打ち寄せた波が白い泡になって、雪のように舞い海岸を覆います。曽々木海岸や鴨ヶ浦付近が多く見られるポイントです。波の花は、海中に漂う植物性プランクトンの粘液が冬の荒波にもまれて、せっけん状の白い泡を作ったものと言われています(海が汚染されていると泡が作られにくいとされています)。最初は美しい白色ですが、時間が経つにつれて黄色になります。
住所 〒928-0206 石川県輪島市町野町曽々木
電話番号 0768-32-0408(曽々木観光協会)
FAX番号 0768-32-0408
公式サイト 能登輪島観光情報
交通アクセス(車)波の花が発生しやすい場所「鴨ヶ浦」「曽々木海岸・垂水の滝」
市街地からの所要時間(車)「鴨ヶ浦」約5分 「曽々木海岸・垂水の滝」約25分
交通アクセス(公共)【鴨ヶ浦】「輪島駅前」からのらんけバス(海コース)に乗車 「鴨ヶ浦」下車
【垂水の滝】北鉄奥能登バス(大谷A線)「曽々木口」発「垂水」下車すぐ
駐車場鴨ヶ浦、垂水の滝に数台ずつあり

このスポットから近い宿泊施設

このページを見ている人は、こんなページも見ています

石川 旬のおすすめ旅