波の花

なみのはな
エリア:
能登
カテゴリ:
滝・川・湖・ダム・海
 能登の冬の風物詩として知られている「波の花」は、季節風が強い日、岩に打ち寄せた波が白い泡になって、雪のように舞い海岸を覆います。曽々木海岸や仁江海岸付近が多く見られるポイントです。波の花は、海中に漂う植物性プランクトンの粘液が冬の荒波にもまれて、せっけん状の白い泡を作ったものと言われています(海が汚染されていると泡が作られにくいとされています)。最初は美しい白色ですが、時間が経つにつれて黄色になります。服などに付くと黄色い染みになり取れなくなるので、観光する際にはあまり近寄らないなどの注意が必要です。
 波の花が乱舞する光景が見られる「波の花道」遊歩道は、「能登の親不知」や「ひろぎの嶮(けん)」と言われた曽々木、真浦間の難所を海蔵寺八代住職麒山(ぎざん)和尚が作った道です。曽々木トンネルの横から、垂水の滝まで約400メートル続いています。冬は波の花が舞い踊り絶景ですが、波の高い日は危険です。
住所 〒928-0206 石川県輪島市町野町曽々木
電話番号 0768-32-0408(曽々木観光協会)
FAX番号 0768-32-0408
公式サイト 能登輪島観光情報
定休日なし
料金無料
交通アクセス(車)波の花が発生しやすい場所と市街地からの所要時間 鴨が浦まで5分、曽々木海岸・垂水の滝まで25分
駐車場鴨が浦、垂水の滝に数台分ずつあり
所要時間自由