常椿寺のヤマフジ(夫婦藤)

じょうちんじのやまふじ(めおとふじ)
エリア:
能登
カテゴリ:
歴史・文化
 能登町宇出津の高台にある巨樹で、樹齢およそ550年と言われています。昇龍(しょうりゅう)と臥龍(がりゅう)と名付けられた2本のヤマフジのうち、大きいもので根回り6.2メートル、胸高周囲4メートル、樹高25メートルにも達しています。
 2本のフジが互いに寄り添うように立っていることから「夫婦フジ」とも呼ばれています。
 また、夫婦フジの幹に触れて愛を誓うと、その愛は不動のものになると古来から言い伝えられることから「縁結びのフジ」とも言われています。花の見頃は、5月上旬から中旬頃です。1961(昭和36)年9月29日、石川県の天然記念物に指定されました。
住所 〒927-0433 石川県鳳珠郡能登町宇出津ウ104
電話番号 0768-62-0964
営業時間/期間5月上旬から中旬頃に開花
定休日なし
料金無料
交通アクセス(車)のと里山海道能登空港ICより車で約30分
駐車場なし

このスポットから近い宿泊施設

石川 旬のおすすめ旅