大伴家持歌碑(羽咋市千里浜町)

おおとものやかもちかひ(はくいしちりはままち)
エリア:
能登
カテゴリ:
歴史・文化
 歌碑には「之乎路(しおじ)から 直越(ただこ)え来れば 羽咋の海 朝凪(あさなぎ)したり 船梶(ふねかじ)もがも」と刻まれています。これは748(天平20)年、万葉の歌人大伴家持が越中の国司の身で能登をめぐった際、気多大社におもむく時に作った歌です。家持はこの地で、他数首を残しています。
 歌碑の独特の形状は、家持が歌に詠んだ「船梶」をデザインしたもので、気多大社に向けて建てられています。
住所 〒925-0054 石川県羽咋市千里浜町
電話番号 0767-22-1118
公式サイト 大伴家持歌碑(羽咋市千里浜町)
交通アクセス(公共)JR羽咋駅から徒歩30分