「日本三霊山」白山登山に行ってみた!【初心者】

4261ビュー
「日本三霊山」白山登山に行ってみた!【初心者】

絶景を見に、登山初心者が「白山」登山に初挑戦!

石川県に豊富な水をもたらしてくれる、霊峰「白山」。白山は、富士山、立山と並ぶ日本三霊山の一つで、信仰の山としても知られ、古くから多くの人々に愛されています。

高山植物が豊富に見られ、登山道や山小屋なども整備され登りやすいことから、多くの登山客にも親しまれています。
白山でしか見られないお花畑や、雲海から顔を出すご来光など、白山から見る景色はまさに絶景です。

一度は登ってみたいけど、初めてでも大丈夫かな…と思われている方、必見!!
今回は、標高2,702mの頂上を目指し、登山初心者が初めて白山登山に挑戦してみました!

初めて白山に登る方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

まずは計画を立てよう

まずは日程を決めて、必要な服装や荷物の準備をしましょう。

白山は、7月上旬から10月上旬まで登ることができます。
高山植物が多くみられるのは、7月~8月です。

今回は、8月5日~6日の2日間で登ることにしました。
日帰りで登ることもできますが、初心者の方は、頂上より手前にある山小屋「室堂」で1泊するのがおすすめです(要予約)。
2日間あればゆっくり登ることができますし、早朝に頂上に登ってご来光を拝むことができます。

登山道具は、お近くの登山用品店で、必要な道具を一度聞いておくとよいです。
インターネットでレンタルすることもできますよ。

服装は、登っていくうちに気温も大きく変化するため、脱ぎ着して温度調節がしやすいようにするのが好ましいです。

リュックに詰め込み、準備は万全!
いざ、白山へ向かいます!

登山道入り口まではシャトルバスで

金沢市中心部から車で約1時間30分、駐車場のある市ノ瀬に到着。

「市ノ瀬ビジターセンター」では、登山道の状況や、白山の動植物の紹介をしています。

こちらで登山届を記入し、提出していきます。
登山届はインターネットからも提出できますので、電波の安定しているところで、事前に提出を済ましておくのがおすすめです!

ここから登山道入り口のある別当出合(べっとうであい)までの約6kmの区間は、登山シーズン中(主に土日祝)は交通規制されているため、片道800円のシャトルバスに乗ります。


ちなみに、今回市ノ瀬までは自家用車で向かいましたが、JR金沢駅・JR松任駅~市ノ瀬までのバスも運行している日がありますので、電車で来ても安心ですよ。

基本情報

市ノ瀬ビジターセンター

住所:石川県白山市白峰市ノ瀬
営業時間:8:45~17:00
定休日:冬期(11月上旬~4月末)
電話番号:076-259-2504
駐車台数:750台

別当出合に到着、登山スタート!

山道をぐんぐん登り、バスに揺られること約15分。別当出合に到着しました!
お手洗いは1時間ほど行けないため、こちらで寄っていきましょう。

出発前に、しっかり準備体操をして…
いざ、出発です!

序盤に、今日1番の急登が…!

初めての白山にわくわくしながら、まずは大きな吊り橋を渡ります。

別当出合からは、「砂防新道」と「観光新道」の2ルートがあり、今回は砂防新道(黒ボコ岩コース)から登ります!

※観光新道は道が開けており、景色がとても良いのが特徴。ただし急な坂が多く少しハードなルートです。砂防新道は観光新道よりも登りやすい道が多いです。
歩き進めて早々、最初の急登が…!

合言葉は「今日イチの急登」。
少し息を切らしながら、1歩1歩頑張って登っていきます。

登山道は石の階段が続いたり、平らな道になったりと様々です。
こまめに水分補給をしながら登っていきます。

甚之助避難小屋で、昼食タイム

最初の吊り橋から2時間30分ほど登り続けると、甚之助(じんのすけ)避難小屋に到着。
ベンチや水場があるので、ここで一旦昼食をとり、少し休憩します。

持参したパンやおにぎりを食べて、体力も回復!
ここからあと約半分、がんばるぞ~!
 

一面に広がる高山植物たち

昼食をとって休憩できたら、気合いを入れてまた登り始めます。
標高が高くなるにつれだんだんと涼しくなり、爽やかな風が吹いて良い気候でした。
しばらく木々の間を登り進めると、景色が開けてきました!
このつづら折りの十二曲(じゅうにまがり)は、なかなかの急登です。

こうやって上から見る景色は最高!
こんなところまで登ってきたのか!ここまでよく頑張った!と自分を褒めてあげたくなります。
なんと美しいことでしょう…!
ここ一帯は高山植物のお花畑が広がり、山肌を埋めつくす花々に思わず見とれてしまいます。

最高の撮影スポット「黒ボコ岩」へ

ぐねぐねした急な道を登っていくと、絶景ポイント「黒ボコ岩」に到着。

この大きな岩の塊は、なんと火砕流によって山頂から運ばれてきた火山弾なのです。
白山は実は活火山でもあり、火山活動があったことを感じさせられます。
風がとっても気持ちいい!絶景をバックにはい、ポーズ!

1日目のゴール、室堂まであと少し!

ここまで来れば、室堂はもうすぐそこ。先の方には頂上が見えます。

平たんな弥陀ヶ原(みだがはら)をしばらく進み…
室堂直前の最後の急登へ!
最後の力を振り絞り、登り進めます。

室堂到着!みんなで見守る真っ赤な夕日

時間は14時頃、最後の急登を登りきると、ついに室堂に到着!
嬉しさがこみ上げてきました!

休憩時間も含めて約6時間半かかりましたが、ここまでくれば一安心。
受付をして、17時からの夕食までしばし休憩。

頂上を拝みながら生ビールで乾杯!達成感に溢れ、ビールが体にしみわたります…!


室堂には売店があり、飲み物やお菓子、記念グッズなどを購入することができます。

 

この日の夕食は、ハンバーグか焼魚を選ぶことができました。
山の上でこんなにおいしいごはんをいただけるなんて…室堂の方々に感謝し、いただきました。
 
室堂から見える別山。手前に広がる高原と山の尾根、空のコントラストがとっても綺麗です。
 
夕食後は他の登山客の方々も一堂に会し、じっと日の入りを見守ります。
私たちを真っ赤に照らす夕焼けは、1日の疲れを吹き飛ばしてくれました。夕焼けが沈むと思わず一斉に拍手。ここに集まったみんなの思いが一つになったようでした。

また、暗くなったあとの満天の星空は、まさに天然のプラネタリウムです。

1日目はここまで。早朝に起きられるよう、20時半には消灯・就寝です。

神秘的な朝日に感動

早朝4時、頂上に向けて出発です。
まだ真っ暗な道を、ヘッドライトで照らしながら登ります。
 
地道に登ること約40分、山頂の御前峰(ごぜんがみね)へ到着!
日の出を待っている間は、白山奥宮の宮司さんが、白山から見える山々を解説してくれました。

じっと待つこと約20分…
ついに太陽が顔を出しました!宮司さんの声掛けで、みんなでばんざ~い!

なんと感動的な光景でしょうか…。一面に広がるもくもくとした雲海から登る太陽。この景色を見ると、頑張って登って本当に良かった…!と心から思いました。
この白山の山頂から見るご来光は、一度見たら一生忘れられないでしょう。
 

頂上から、火口湖や高山植物を散策しよう

室堂に戻る前に、せっかくなのでお池めぐりをしていきます。

白山山頂周辺には、翠ヶ池、紺屋ヶ池、油ヶ池、血の池、五色池、百姓池、千蛇ヶ池という7つの池(火口湖)があります。
中でも一番大きな翠ヶ池(みどりがいけ)は、約980年前(1402年)の噴火で形成されたと考えられていて、青く輝く水面はとても美しいです。
周辺には、高山植物のチングルマがたくさん見られました。
このチングルマは実は木で、よく見ると木の枝が見えます。花が終わった後の綿毛に変身した姿も見ることができました。

高山植物っておもしろい!

朝食をとって、さあ下山だ!

約1時間半、お池めぐりを満喫し、室堂に戻ってきたら朝食です。

ご飯のおともがたくさんあり、とってもおいしい朝食でした!

しっかり食べてスタミナをつけたら、8時半頃、いざ下山です。
来た道と同じ、砂防新道を下りていきます。

下り道は、足を滑らせないように、膝に負担がかからないよう歩幅を小さく、慎重に歩きます。
登りでは気が付かなかった景色が見えるのもまた楽しいです。


ぐんぐん下ること約4時間、ついにゴーーール!!
あ~しんどかった!やっと着いた!でも楽しかった!!
登らないとわからなかった、大きな達成感がありました。

下山後は温泉とおいしいごはんで疲れを癒そう

帰りは、疲れを癒しに白峰の総湯へ。


“絹肌の湯”といわれるほどなめらかお湯で、お肌がつるつるになります。

室堂はお風呂に入れなかったので、登山後の温泉は格別でした。

基本情報

白峰温泉総湯

住所:石川県白山市白峰ロ-9番地
電話番号:076-259-2839
料金:大人 670円、小学生 360円、3歳以上 260円
営業時間:平日 正午~21時、土日祝 10時~21時(受付最終時間 20時半)
定休日:火曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始

さっぱり汗を流した後は、昼食を予約していた向かいの温泉旅館「白山苑」へ。

こちらでは、白山百膳である「てんぽうりん膳」(1,800円)をいただきました。

白山の恵みをふんだんに用いた御膳で、白山の伏流水でつくられた堅豆腐の刺身や天ぷら、甘く味付けされた焼き油揚げ、ニジマスの刺身など、どれもとっても美味しかったです。


どんどんお箸が進み、ご飯をおかわりしてしまいました!

基本情報

白山百膳とは…

白山百膳は、山の幸をふんだんに用いた御膳です。その原点は「報恩講料理」。浄土真宗への信仰が篤い石川県白山麓、富山県五箇山、岐阜県白川郷では毎年、親鸞聖人の遺徳をしのぶ仏事「報恩講」を営み、寺院や各家庭では自然や家族に謝意を込めた精一杯のご馳走を客人にふるまいます。この報恩講に息づく心根が、白山百膳に受け継がれています。

白山百膳とは…

白山での初登山、辛かったけど最高でした!

いかがでしたでしょうか?

初めての白山登山は、体力的にかなり辛かったですが、色とりどりの高山植物や黒ボコ岩からの景色、ご来光など、それを忘れるくらいの素晴らしい絶景の数々、楽しさ、達成感が味わうことができ、この夏最高の思い出になりました!
登る前は不安でしたが、登って良かったなと心から感じています!

ぜひ、白山の素晴らしさを体感しに、白山登山にチャレンジしてみてください。

きっと忘れられない思い出になること間違いなしです!

このページを見ている人は、こんなページも見ています

「君は放課後インソムニア」聖地巡礼おすすめスポット紹介!~…
「君は放課後インソムニア」聖地巡礼おすすめスポット紹介!~…
https://www.hot-ishikawa.jp/blog/detail_173.html
道の駅内灘サンセットパークが凄い!ランチや周辺スポットをぐ…
道の駅内灘サンセットパークが凄い!ランチや周辺スポットをぐ…
https://www.hot-ishikawa.jp/blog/detail_190.html
金沢の隠れ穴場スポットを楽しんできた!
金沢の隠れ穴場スポットを楽しんできた!
https://www.hot-ishikawa.jp/blog/detail_34.html
白山室堂
白山室堂
https://www.hot-ishikawa.jp/reserve/detail_18668.html
観光列車「花嫁のれん」に乗ってみた!
観光列車「花嫁のれん」に乗ってみた!
https://www.hot-ishikawa.jp/blog/detail_5.html
石川県庁展望ロビーで7つの新発見!周辺ランチもご紹介
石川県庁展望ロビーで7つの新発見!周辺ランチもご紹介
https://www.hot-ishikawa.jp/blog/detail_209.html
三方岩岳
三方岩岳
https://www.hot-ishikawa.jp/spot/detail_5496.html
七尾城山展望台 ※令和6年(2024年)能登半島地震の影響により…
七尾城山展望台 ※令和6年(2024年)能登半島地震の影響により…
https://www.hot-ishikawa.jp/spot/detail_5995.html
白山
白山
https://www.hot-ishikawa.jp/spot/detail_6223.html
勝尾崎キャンプ場
勝尾崎キャンプ場
https://www.hot-ishikawa.jp/reserve/detail_4968.html
ページトップへ