仏御前屋敷跡・仏御前墓

仏御前は1160年(永暦元)年に現在の原町のあたりで生まれました。美人で歌舞に長じており、1172(承安2)年、14歳で京に上って白拍子(しらびょうし)となりました。その美貌(びぼう)と優れた演技で、時の権力者・平清盛の寵愛(ちょうあい)を受けましたが、やがて世の無常を悟り、出家し仏道に精進しました。

1176(安元2)年、故郷である原に帰って小庵にこもり、余生を送りました。現在は仏御前をしのぶ3基の墓石が建っています。小松市指定文化財です。

タグ

エリア
小松市
加賀
カテゴリー
#歴史・文化
#史跡・文化財

基本情報

所在地
〒923-0075 石川県小松市原町208-2
アクセス(公共)
JR小松駅より路線バス麦口線 乗車→「原」下車 徒歩約10分
駐車場
なし
関連リンク
公式サイト

※施設情報が変更される場合があります。最新情報は各公式サイト等をご確認ください。

マップを表示

周辺情報

周辺の飲食店を探す
周辺でできる
体験プランを探す

このページを見ている人は、こんなページも見ています

ページトップへ