高浜虚子句碑(内灘町)

1956年(昭和31年)、俳人・高浜虚子が内灘町に来町したのを記念して句碑が建てられました。内灘中学校正門脇にあり、碑には「東西南北星の流るる夜なりけり」と内灘でうたった句が刻まれています。

タグ

エリア
金沢
内灘町
カテゴリー
#歴史・文化

基本情報

所在地
〒920-0271 石川県河北郡内灘町鶴ケ丘2丁目308-16(内灘中学校正門横)
お問い合わせ先
内灘町文化スポーツ課
電話番号
076-286-6716
FAX番号
--
アクセス(公共)
北鉄浅野川線内灘駅→なだバスナディ南部ルート(約8分)→内灘中学校前下車すぐ
駐車場
有り

※施設情報が変更される場合があります。最新情報は各公式サイト等をご確認ください。

マップを表示

周辺情報

周辺の飲食店を探す
周辺でできる
体験プランを探す
周辺の宿を探す
宿泊プランを一括比較オンライン予約

このページを見ている人は、こんなページも見ています

ページトップへ
「令和6年能登半島地震」の影響による掲載内容の注意点
当サイトに掲載の情報については、震災の影響により更新が追い付いていないものがありますのでご注意ください。