重蔵神社

1300年の歴史を誇る奥能登の古社

輪島市東部の海の近くに鎮座し、河井2,500戸あまりの産砂(うぶすな)神と仰がれるばかりでなく、鳳至一郡の総社として重きをなしています。また、重蔵権現、十蔵大権現、重蔵宮とも称され、神仏習合の堂塔伽藍(どうとうがらん)が立ち並んでいます。1906(明治39)年に特別保護国宝建造物に指定された本殿は、1910(明治43)年に炎上しました。その後、旧本殿に基づいて再建されたのが現在の重蔵神社です。

1296(永仁4)年、重蔵神社本殿が建造され、100年後の1397(応永4)年には本殿内陣の扉が朱色に塗られました。しかし、海から吹き上げる潮風に破損が著しく、1768(明和5)年には塗師松本屋弥平次によって再度塗り替えられました。

タグ

エリア
輪島市
能登
カテゴリー
#歴史・文化
旅のテーマ
#神社仏閣

基本情報

所在地
〒928-0001 石川県輪島市河井町わいち4部65
電話番号
0768-22-0695
FAX番号
0768-22-0694
料金
無料
アクセス(車)
・金沢駅からのと里山海道経由約2時間(「のと三井IC」下車)
・のと三井ICから約20分
アクセス(公共)
・金沢駅から輪島特急バス乗車約2時間25分「輪島駅前」下車 徒歩15分
駐車場
数台分あり
関連リンク
公式サイト

※施設情報が変更される場合があります。最新情報は各公式サイト等をご確認ください。

マップを表示

周辺情報

周辺の飲食店を探す
周辺でできる
体験プランを探す
周辺の宿を探す
宿泊プランを一括比較オンライン予約

このページを見ている人は、こんなページも見ています

ページトップへ
「令和6年能登半島地震」の影響による掲載内容の注意点
当サイトに掲載の情報については、震災の影響により更新が追い付いていないものがありますのでご注意ください。