牛首紬

牛首紬(うしくびつむぎ)の名前は、生産地である白山市・白峰の旧地名「牛首村」に由来しています。

白山市白峰地区(旧白峰村)で生産される紬織物は、一説には平治の乱に敗れた源氏一族が、この地に逃れて地元民に教えたものといわれ、元禄年間(1688~1703年)にはすでに全国にその名が知られていました。

別名釘抜紬とも呼ばれ、釘にひっかけても反対に釘が抜けるという、その丈夫さからこの名があります。

伝統の糸造り、手織りのなかから生まれる牛首紬は、丈夫で素朴な美しさを秘めた独特の味わいを有し、他に類をみない紬と言われています。

タグ

エリア
白山
白山市
旅のテーマ
#伝統工芸好き必見のスポット

基本情報

所在地
〒920-2501 石川県白山市白峰ヌ17
お問い合わせ先
白山工房
電話番号
076-259-2859
FAX番号
--
営業時間/期間
(白山工房)9時00分~16時00分
休業日
(白山工房)土日祝 ※HPで事前に要確認、12月~3月は冬期休館
アクセス(公共)
JR金沢駅より加賀白山バス白峰行きで120分、白峰北口下車、徒歩で3分
駐車場
10台
関連リンク
公式サイト無形文化財『牛首紬』を見学&機織り体験♬|石川県・白山市

※施設情報が変更される場合があります。最新情報は各公式サイト等をご確認ください。

マップを表示

周辺情報

周辺の飲食店を探す
周辺でできる
体験プランを探す
周辺の宿を探す
宿泊プランを一括比較オンライン予約

このページを見ている人は、こんなページも見ています

ページトップへ
「令和6年能登半島地震」の影響による掲載内容の注意点
当サイトに掲載の情報については、震災の影響により更新が追い付いていないものがありますのでご注意ください。