松尾神社

まつおじんじゃ
平安時代から伝わる歴史的神社
エリア:
能登
カテゴリ:
歴史・文化
タグ:
#歴史的建造物
 承和元年(834年)、松尾神社は山城国松神社より勧請(かんじょう)されたと伝えられています。祭神は、大山咋命(おおやまくいのみこと)、玉依比賣命(たまよりひめのみこと)を祭り、古来、町居・草木・日下田の三カ村の惣社「松尾大明神」として崇敬されてきました。
 健立年代は、構造や手法から室町時代末期と推定されています。「永禄2年」と書かれた、松尾大明神懸仏(かげぼとけ)が同時期に作られたものと考えられています。1980(昭和55)年5月31日、本殿が国指定文化財に指定され、1984(昭和59)年3月26日に拝殿が石川県文化財に指定されました。
住所 〒925-0302 石川県羽咋郡志賀町町居カ4
電話番号 0767-32-1111(志賀町生涯学習課)
FAX番号 0767-32-3933
料金無料
交通アクセス(車)のと里山海道「西山IC」から約20分
駐車場10台