平時忠卿及び其の一族の墳

たいらのときただきょうおよびそのいちぞくのふん
エリア:
能登
カテゴリ:
歴史・文化
 平清盛の妻の弟である平時忠は、大納言として栄華を誇りました。1185(文治元)年、平家が壇ノ浦の戦いで亡びた後、能登の国・珠洲大谷に流されました。その後、時忠は珠洲市則貞地内に居を構え、1189(文治5)年2月、60歳で永眠しました。時忠と一族の墓と伝えられる五輪の塔は、今もなお、珠洲市大谷の山中に苔むして並んでいます。石川県指定史跡です。
住所 〒927-1321 石川県珠洲市大谷町則貞
電話番号 0768-82-7776(珠洲市観光交流課 )
交通アクセス(車)のと里山空港から車で60分
交通アクセス(公共)北鉄奥能登バス 大谷線「則貞」下車、徒歩5分
駐車場30台(無料)

このスポットから近い宿泊施設

このページを見ている人は、こんなページも見ています

石川 旬のおすすめ旅