黒丸家

くろまるけ
エリア:
能登
カテゴリ:
歴史・文化
 建物の古さや格式を持った間取り、屋敷構えから、中世の名主の系譜を引く家柄と考えられます。唯一の手がかりである過去帳には、明応9(1500)年の室町時代に始まる、60人以上の先祖が記してあり、古くから続く家であることを示しています。
 建築年代は明らかではありませんが、石川県の民家の中では最古級の様式です。古さを示す特徴としては、「にわ」に立つ4本の独立柱が挙げられます。表向きの座敷部分と、裏の家族向きの2面を持ち、近世初頭の十村級住宅(とむらきゅうじゅうたく)に見られる特徴を備えています。重要文化財で、内部は非公開です。
住所 〒927-1314 石川県珠洲市若山町上黒丸
電話番号 0768-82-5792
交通アクセス(車)能登空港より車で60分
交通アクセス(公共)北鉄奥能登バスすずなり館前バス停より飯田方面行バスに乗車、黒丸バス停下車、徒歩5分
駐車場なし