串茶屋遊女の墓

くしちゃやゆうじょのはか
エリア:
加賀
カテゴリ:
史跡・文化財
 小松市街地の南方、串茶屋町の東にある共同墓地内には、江戸時代中期から明治時代初期に建立された数多くの遊女の墓が守り伝えられています。
 串茶屋は、加賀藩三代藩主・前田利常の小松城隠居以降、北国街道の宿場として発展しました。その中で遊女たちは、文化交流の仲立ちにも大きく貢献したとされています。
 遊女の墓は、一般的に一括供養されている場合が多いのですが、串茶屋では個々に手厚く葬られています。大きさもさまざまで、造形的に優れたものや個性的な形の墓石が建てられているのが特徴です。
 近世串茶屋の歴史や文化のみならず、信仰や地域性をも物語る歴史資料として貴重です。小松市指定文化財。
住所 〒923-0966 石川県小松市串茶屋町
電話番号 0761-24-8130(小松市観光文化課(文化))
公式サイト 小松市観光文化課(小松市の文化財)
交通アクセス(公共)小松バス串茶屋バス停より徒歩5分
駐車場なし