蟹淵

がんぶち
「化けガニ伝説」が残る神秘の淵で、動植物の宝庫として知られています。淵の周囲は約200メートル、山に囲まれて青緑色の水をたたえています。通常1000メートル以上の高地に生息する「ルリイトトンボ」や、木々の上で卵を産む「モリアオガエル」などの生息地で、能美市の天然記念物として指定されています。
 6月の降雨期には、天然記念物のモリアオガエルの白い卵塊が淵の周囲の木々を飾り、さながら白い花が咲いたようになります。
 夏は、県の絶滅危惧(きぐ)2種に指定されているルリイトトンボが乱舞し、オオルリボシヤンマの羽化が始まります。木々に縁取られた水辺は、四季の移ろいとともにさまざまな表情を見せてくれます。
 その他にも水面には、未の刻(午後2時ごろ)に花開くと言われる「ヒツジグサ」や「カンガレイ」などの希少植物が息づいています。
住所 〒923-1216 石川県能美市鍋谷町地内
電話番号 0761-55-8551
営業時間/期間 全体的に暗いので、天気の良い日の日中をお薦めします。スニーカーなどの歩きやすい靴をはいてください。
料金入場無料
交通アクセス(車)辰口温泉より車で15分(その後徒歩で15分程度)

このスポットから近い宿泊施設

このページを見ている人は、こんなページも見ています

石川 旬のおすすめ旅