狐山古墳

きつねやまこふん
エリア:
加賀
カテゴリ:
歴史・文化
 二子塚町北方の水田中にあり、5世紀後半に築かれました。全長は約56メートルで、加賀市内では唯一、平野部にある前方後円墳です。
昭和7年国指定史跡に指定されました。昭和7年、動橋川改修工事のための土取りの中に、後円部から凝灰岩製箱式石棺が発見され、上田三平の調査によって棺内から壮年男子の骨と、おびただしい数の副葬品(神獣鏡・銀製帯金具・金銅製丸玉・玉類・甲冑・直刀・剣・矛・鉄鏃など)が出土しました。
昭和49年3月、範囲確認のための調査が行われ、周溝の存在が確認されました。周溝から埴輪破片や葺石と思われる玉石が出土しており、墳丘上に埴輪や葺石が並べられていたと思われます。
平野部に存在する前方後円墳という形態、おびただしい副葬品の種類・量は機内王陵墓の様相を呈し、この古墳を築いた勢力は、江沼に君臨した王者で、畿内とも関係が深かったものと推定されています。
現在、出土遺跡は一部が東京国立博物館に、また現地の収蔵庫に神獣鏡と甲冑の複製品とその他の出土品が保管されています。石棺の上には覆屋をつくり外から石棺の一部を見ることができます。
住所 〒922-0325 石川県加賀市二子塚町チ14番地
電話番号 0761-72-7888(加賀市観光推進部文化振興課文化財係)
交通アクセス(車)北陸自動車道片山津インターから車で約15分。
交通アクセス(公共)JR加賀温泉駅からタクシーで約8分

このスポットから近い宿泊施設

石川 旬のおすすめ旅