安宅の関

あたかのせき
 1187(文治3)年、平家討伐に戦功のあった源義経が、兄頼朝の怒りに触れて、奥州平泉の藤原氏のもとに落ちのびようとし、一行が山伏姿に身をやつし、安宅の関にさしかかりました。
 この時、関守富樫左衛門泰家に見とがめられましたが、弁慶の機知と勇気により、危うくその難を免れたという伝説が、勧進帳や謡曲で知られています。
 関址は、日本海に面した小高い砂丘にあって松原に囲まれています。「安宅関址」の石標、関の宮、与謝野晶子歌碑などがあり、また一角に、日展作家故都賀田勇馬氏の制作による弁慶・関守富樫の大銅像や、資料、宝物を多数展示した「勧進帳ものがたり館」や、日本海を一望できるレストハウス「勧進帳の里・安宅ビューテラス」があります。
 その台石に刻まれた「智・仁・勇」は、寄進者永井柳太郎(金沢出身の戦前の政治家)の筆になるもので、弁慶・関守富樫の心情を端的に表しています。石川県指定史跡です。
住所 〒923-0003 石川県小松市安宅町タ140-4
電話番号 0761-22-2404(安宅町町内会事務局)
FAX番号 0761-22-2404
公式サイト 安宅の関
口コミサイト トリップアドバイザーで口コミを見る
営業時間/期間9時〜17時
定休日「勧進帳の里 安宅ビューテラス」「勧進帳ものがたり館」:水曜日、年末年始
料金勧進帳ものがたり館:大人300円 小人150円
交通アクセス(公共)JR小松駅から 小松バス安宅線 「安宅関前」バス停下車 徒歩3分
小松空港から EVバス(安宅住吉神社行き)「安宅住吉神社」バス停下車
駐車場50台

このスポットから近い宿泊施設

このページを見ている人は、こんなページも見ています

石川 旬のおすすめ旅