大本山總持寺祖院 参禅拝宿

だいほんざんそうじじそいん さんぜんはいしゅく
能登の古刹で心と体を整える坐禅体験
カテゴリ:
体験・見学
輪島市門前町の大本山總持寺祖院は、元亨元(1321)年の開創以来700年近い歴史を持つ古刹で、かつて曹洞宗の本山としても栄えました。山門や法堂など、伽藍の多くが国登録有形文化財となっているほか、絹本十六羅漢図や金銅五鈷鈴などの石川県指定有形文化財も多数あり、荘厳な境内は開山した瑩山紹瑾禅師(けいざんじょうきんぜんじ)に深く帰依した後醍醐天皇の綸旨によって定められた「曹洞賜紫出世第一の道場」として栄えたかつての面影を現代に伝えています。

「参禅」は、1泊2日の日程で總持寺祖院の修行僧と修行をともにする宿泊体験です。坐禅や食事の作法だけでなく、歩き方、合掌の仕方などの基礎も事細かに教えてもらえます。
「拝宿」は「参禅」よりも気軽に参加できる宿泊体験で、希望に応じて坐禅も体験できます。
いずれも朝5時から始まる朝のお勤めには宿泊者の全員が参加することになります。修行僧とともに坐禅を組み、野菜や豆類、穀類が中心の精進料理を味わいながら、禅の心に触れてみましょう。
住所 〒927-2156 石川県輪島市門前町門前1-18-1
電話番号 0768-42-0005
FAX番号 0768-42-1002
公式サイト 曹洞宗 大本山總持寺祖院
営業時間/期間8:00~17:00
定休日なし(山での行事のため受付できない日があります)
料金「参禅」、「拝宿」 各6,500円(1泊2日) ※食事は2日目の朝食まで、昼食を希望の方は500円追加
駐車場有(市営駐車場)
所要時間1泊2日
体験内容宿坊、坐禅修行
受入人数50名まで
備考英語、ドイツ語対応も可能
申込み方法:電話、FAX