山代温泉古総湯一番札

やましろおんせんこそうゆいちばんふだ
山代温泉「古総湯」で一番風呂の特典をゲット!
カテゴリ:
体験・見学
古くは明智光秀が訪れたといわれ、明治から昭和にかけて北大路魯山人や与謝野晶子など、多くの文化人に愛された山代温泉。
ここには総湯と呼ばれる共同浴場があり、特に体験したいのが2010年に復元された「古総湯」です。洗い場が無く、かけ湯をして湯船に浸かるだけという昔の入浴スタイルで湯浴みができる、まさに温泉歴史博物館です。
また古総湯では、午前6時のオープンに合わせてその日一番乗り(男湯・女湯別)の入浴客に「一番札」をプレゼントしています。札は温泉街にある薬王院温泉寺の住職により、健康、長寿、安産、金運などの願いを込めて祈祷されたもの。早起きした人のみが得られる三文以上の徳の証を、ぜひ手に入れてみませんか?
向かいにあり、同じく6時から営業の「総湯」では洗い場を完備しています。共通で利用できる特別料金も設定されているので、2つの建物の違いを楽しんでみましょう。

(※写真:左・・・古総湯、右・・・総湯)
住所 〒922-0242 石川県加賀市山代温泉18-128(古総湯)、加賀市山代温泉万松園通2-1(総湯)
電話番号 0761-77-1144(山代温泉観光協会)
FAX番号 0761-77-2109
公式サイト 山代温泉観光協会ホームページ
定休日第4水曜6:00~12:00(総湯・古総湯ともに正午からの営業、一番札は無し)
料金一般500円(古総湯)、440円(総湯)、古総湯・総湯共通料金700円
駐車場
備考電話番号(総湯):0761-76-0144
FAX番号(総湯):0761-76-3288