能登上布 織元・山崎麻織物工房

2000年の歴史を持つ能登上布は、崇神天皇の皇女がこの地に下向され、野生の麻を紡ぎ、自ら機(はた)を織り、この地の女性に教えたことに端を発すると伝えられています。

軽くて涼しく、袖を通すとひんやりとし、肌にまとわりつくこともない能登上布は、高温多湿な日本の夏には、最適な布地といえるでしょう。男物、女物、蚊絣(かがすり)、亀早絣、縞、色無地、白地、帯地、作務衣(さむえ)、のれんと各種そろえています。

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、見学・体験織りを自粛しております

タグ

エリア
羽咋市
能登
カテゴリー
#みやげ
#民芸品・雑貨・伝統的工芸品
旅のテーマ
#伝統工芸好き必見のスポット

基本情報

所在地
〒929-1571 石川県羽咋市下曽祢町ヲ部84
電話番号
0767-26-0240
FAX番号
0767-26-0240
営業時間/期間
9時00分~17時00分
休業日
日曜日,お盆(8月),年末年始
料金
見学:無料
能登上布織体験:3,300円より
アクセス(車)
JR七尾線 金丸駅から徒歩15分
のと里山海道柳田ICより車で15分
駐車場
5台(専用駐車場あり)
所要時間
・見学:約30分
・体験織り:約30分 ~ 1時間
体験内容
テーブルクロスの織り体験
受入人数
同時に2名まで
関連リンク
公式サイト
備考
【見学内容】
能登上布の製造工程の見学

【所要時間】
約30分

【可能日時】
9時00分~17時00分(要予約)

【受入人数】
1~30名

【料金】
無料

【申込先】
0767-26-0240

【所要時間】
約30分~1時間

【可能日時】
9時00分~17時00分(要予約)

【料金】
3,000円~

【申込先】
0767-26-0240

※施設情報が変更される場合があります。最新情報は各公式サイト等をご確認ください。

マップを表示

周辺情報

周辺の飲食店を探す
周辺でできる
体験プランを探す
周辺の宿を探す
宿泊プランを一括比較オンライン予約

このページを見ている人は、こんなページも見ています

ページトップへ
「令和6年能登半島地震」の影響による掲載内容の注意点
当サイトに掲載の情報については、震災の影響により更新が追い付いていないものがありますのでご注意ください。