東大寺領横江荘遺跡荘家跡

1970(昭和45)年の鉄工団地造成工事に伴う調査で、6棟の掘立柱建物が検出され、また、「三宅」と墨書された須恵器の杯身が出土するに至って、東大寺領横江荘荘家跡と推定されるようになりました。

横江荘は、8世紀末に桓武天皇の皇女朝原内親王に与えられた荘園であり、朝原内親王の死去に伴って、母親の酒人内親王から東大寺に施入されました。文献にあらわれた初期荘園の荘家を具体的に知ることができる、きわめて重要な遺跡です。1972(同47)年に国史跡に指定され、公園として整備されています。

タグ

エリア
白山
白山市
旅のテーマ
#神社仏閣

基本情報

所在地
〒924-0011 石川県白山市横江町1726-21
お問い合わせ先
白山市文化財保護課
電話番号
076-274-9579
FAX番号
076-274-1665
アクセス(車)
JR松任駅から車で約12分

※施設情報が変更される場合があります。最新情報は各公式サイト等をご確認ください。

マップを表示

周辺情報

周辺の飲食店を探す
周辺でできる
体験プランを探す
周辺の宿を探す
宿泊プランを一括比較オンライン予約

このページを見ている人は、こんなページも見ています

ページトップへ
「令和6年能登半島地震」の影響による掲載内容の注意点
当サイトに掲載の情報については、震災の影響により更新が追い付いていないものがありますのでご注意ください。