東二口歴史民俗資料館

ひがしふたくちれきしみんぞくしりょうかん
エリア:
白山
カテゴリ:
歴史・文化
 白山市東二口地区に伝承されてきた文弥人形浄瑠璃は、国指定重要無形民俗文化財です。起源は定かではありませんが、移入の時期は1655(明暦元)年ごろと言われています。
 独特の語り、三味線、舞う者の足踏みの音、そして「時忘れ、まま(飯)よりうまい、でくの舞い」に代表される舞い手と人形が一体になる様は、見る人に350年の伝統の息吹を感じさせます。
県内の芸能イベントほか、2月の文弥まつりにて一般に公開されています。
住所 〒920-2336 石川県白山市東二口卯106-1
電話番号 076-274-9579(白山市文化財保護課)
公式サイト 東二口歴史民俗資料館
営業時間/期間2月の上演時以外は、通常公開していませんので、ご希望がございましたら、文化財保護課までご連絡ください。
交通アクセス(車)北陸自動車道白山ICから国道157号線を南へ約60分
JR金沢駅から約70分
JR松任駅から約60分
北鉄石川線鶴来駅から約40分
駐車場20台

このスポットから近い宿泊施設

石川 旬のおすすめ旅