条件指定検索
カテゴリ
エリア
こだわり条件
現在地からの距離
開催日
所要時間
検索する
  • 2018年10月
     
         
  • 2018年11月
           
     
  • 2018年12月
               
             
  • 2019年1月
       
       
  • 2019年2月
             
       
  • 2019年3月
             
               
  • 2019年4月
     
           
  • 2019年5月
         
     
  • 2019年6月
               
               
  • 2019年7月
     
         
  • 2019年8月
           
  • 2019年9月
             
現在の検索条件:

日本海に突き出た能登半島は、荒海で削られた奇岩が男性的な「外浦」と、波穏やかで女性的な「内浦」の2つの顔を持っています。 海沿いをドライブしながら、地元の旬の食材を味わってはいかがでしょうか。

金沢に行ったらまずはココというポイントを3時間でめぐるモデルコース。 石川県のいろいろなところを周りたいので、金沢はちょっとだけという方はもちろん、出張の空き時間にもおすすめ。 「食べる」「買う」がしたい方向…

七尾湾に架かる大橋を渡れば、そこは里山里海の島、能登島。 水族館、モダン建築のガラス美術館を楽しみしんだ後は、「すし王国」七尾のお寿司を味わい、能登の名湯「和倉温泉」でくつろぎます。

金沢に行ったらまずはココというポイントを3時間でめぐるモデルコース。 石川県のいろいろなところを回りたいので、金沢はちょっとだけという方はもちろん、出張の空き時間にもおすすめ。 とにかく名所を見ておきたい方向…

白山市と白川郷を結ぶ「白山白川郷ホワイトロード」は、春から秋の大自然が、あなたを魅了します。 春は新緑、夏は蝉の声、秋は紅葉もまたよし。昼食は、「白山百膳」など白山麓の恵みを味わいましょう。

金沢21世紀美術館が、建築旅の象徴として存在感を際立たせ、鈴木大拙館がさらに魅力を盛り込んだ金沢。 しかし金沢の街はその前から世界的に活躍する名建築家の作品がちりばめられている。 金沢出身でもあるモダニズム建…

富士山、立山と共に日本三名山のひとつに数えられ、古くから霊山信仰の聖地として仰がれてき白山。 そんな白山に抱かれた暮らしの中から、独自の風土と美意識が、たとえば重伝建地区に認定された白峰地区などに生まれている。…

能登には海沿いの急な斜面を棚田として生かした「白米千枚田」や、古くから能登に伝わる「揚げ浜式製塩法」など、自然と共存する仕組みが残っています。こうした伝統的な農村文化などが評価され、2011年6月「世界農業遺産」…

恋のしらやまさんきっぷで縁結びの神社としても親しまれる「白山比咩神社」を訪れ、美人の湯の湯涌温泉に泊まるコース。 「恋のしらやまさん」は、北陸鉄道石川線野町駅から鶴来駅まで電車に乗って、白山比咩神社にお参りし、…

山中温泉は、かつて松尾芭蕉が滞在して「山中や 菊は手折らじ 湯の匂ひ」と句を残した歴史ある温泉です。 その後も多くの文人墨客が訪れ、豊かな文化が根付きました。伝統文化に加え、自然、食、温泉と、山中の魅力をまるご…

絶景の海に寄り添う、優しき空間に憩う

建築好きにとって、能登は実に魅力あふれる場所である。 前田利家が手がけた七尾の街並みはその面影を色濃く残し、禅をはじめとした宗教文化の重要な聖域として篤い保護を受けながら、素晴らしい自然と調和する歴史建築と現代…

1300年を超える歴史をもち、北大路魯山人や与謝野晶子など多くの文人墨客に愛された温泉です。 湯之町の中心には明治の総湯を再現した「古総湯(こそうゆ)」と住民の共同浴場として親しまれてきた「総湯」がありシンボル…

那谷寺で奇岩の風景を楽しんだ後は、九谷焼のろくろ回しや金箔張りなど50種類以上の伝統工芸を体験。 霊峰白山を望む「柴山潟」の湖畔にある片山津温泉で、全面ガラス張りのおしゃれな総湯と加賀スイーツを楽しんで。

大自然の魅力を体感

日本で最初に世界農業遺産に認定された能登半島。その中央に浮かぶ能登島では、能登の里山里海を凝縮したかのような自然と暮らしがあり、それらをじっくりと体験できるメニューが豊富にそろっています。

今日の石川に息づく伝統工芸や芸能の多くが、加賀藩政時代に取り入れられたものです。 兼六園や金沢城をはじめ、まちを丹念に歩くと、加賀の武家文化の素晴らしさにであえます。 加賀百万石の歴史を1日かけてゆっくり堪能…

『おくのほそ道』の旅で加賀路を巡った松尾芭蕉の足跡をたどる旅です。 俳人・松尾芭蕉は『おくのほそ道』の旅で、日本一の文化藩と名高い加賀の俳人を訪ねることを目的に、石川を訪れました。 加賀路には約25日間滞在し…

石文化を垣間見られるスポットへ

2016年、文化庁が認定する「日本遺産」に選ばれた、小松の石文化。約2300年の歴史が今も息づく小松には、石にまつわる多彩なスポットがあり、これらをめぐればその文化の奥深さが体験できます。

初代加賀藩主前田利家の茶人としての経歴は他の有力武将と比べて遅く、晩年からはじまった。 次いで2代加賀藩主利長は、利休直伝の茶の湯をキリシタン大名高山右近から学び、加賀藩でも茶の湯を嗜む愛好者が増えていった。 …

左に金沢城の石垣と兼六園、右に金沢21世紀美術館、その間を通る道沿いに大正の薫り漂うレンガの建築群が集積する。 四高記念館、しいのき迎賓館、いしかわ赤レンガミュージアム(石川県立歴史博物館・加賀本多博物館)、緑…

白く目映い霊峰を遠くに眺め、4つの温泉地を抱く加賀。百万石の文化の香りをのぞかせながら、癒しでもてなし、モノづくりの文化を育んできた。 それぞれに異なる魅力を放つ温泉街は、その温泉情緒の中にモダンな建築も取り込…

兼六園と金沢城が、街の中心で存在感を放つこの空間には、まぎれもなく百万石文化の遺伝子が色濃く遺されている。 美を極める庭園と情緒的な町家群。時代を越えてなお凄みを魅せる歴史建築。 そんな優美な空間に、モダニズ…