本文へジャンプ

活動報告

奥能登のお土産と共に特使活動

氏名:硲 信雄 職業:東宝総合警備保障株式会社 会長付顧問 都道府県:埼玉県
奥能登のお土産と共に特使活動

 令和2年8月8日新型コロナが全国的に騒がれる状況の中、能登への帰省に若干躊躇しながら弟の三回忌のため実家に帰省しました。当日の羽田空港第二ターミナル出発ロビーはコロナ禍で閑散とし午前便のANA747のと里山空港搭乗客はまばらな状況でした。

 帰省当時は能登地域の新型コロナ感染者数は「ゼロ」、滞在中、私自身も徹底した感染対策を行いながら無事行事を終えてふるさとを後にしました。帰郷に際し、ふるさとの経済効果に微力ながらお役に立てればと思い珠洲市飯田町15-11 泉谷菓子舗さんに「いも菓子」の注文を行いました。スタッフさんの「気が和むような爽やか対応」に大変感謝しています。
 この時期の帰省に関し、他県ではいろいろな事案が報告され問題視されていましたが私は地域の皆様に暖かく迎えていただき「やはり自分が生まれ育ったところだ」と本当に感謝致しました。このような状況下においてしみじみと「能登はやさしや土までも」の言葉が身に沁みました。

 帰宅後、自宅近隣はもちろんのこと、日頃お世話になっている方々に奥能登のお土産「いも菓子」を渡しながらあらためて「金沢、能登」の良さを積極的にアピールしながら特使活動を行っていると同僚の知人女性から「金沢や能登に旅行する時は相談します。」との声を聞き大変うれしい場面がありました。ひとりでも多くの皆さんが我がふるさとに興味を示していただければと思っています。

ところで、私のいしかわ観光特使名刺には当初から「能登はやさしや土までも」と印字して活用しています。