本文へジャンプ

活動報告

金沢観光~高崎市民ほか随伴~

氏名:田中 久夫 職業:大学教授 都道府県:群馬県

① 2019年12月初旬、高崎市民、宇都宮市民、柏市民総計12名を随伴して金沢観光を実施しました。

時節はカニのシーズン。加能ガニや香箱ガニを堪能し、海無し県民の皆さんは大満足。宿泊は金沢白鳥路ホテル、金沢市内で温泉が楽しめることも発見し、皆さんこれまた大満足しました。次回は、さらなる温泉を目指して能登方面を遊覧することに決定。

夜の宴会は、にし茶屋街のとある芸妓置屋の2階で石川県の銘酒を楽しみました。さらに二次会は、近くの8番ラーメンに寄ってそれぞれが仕上げのラーメンを食べました。唐麺が大人気でした。

大人の街を充分堪能した3日間でした。

 

② 2020年1月中旬、高崎市民総計8名を随伴して金沢観光を実施しました。

往復は新幹線はくたか号のグランクラスを利用、贅沢な2時間の旅程です。車内ではすぐに酒宴となりました。
ところが、金沢に着いたら期待していた雪がありません。雪のない金沢は初めてです。わが高崎市とまったく変わることのない景色に皆さん拍子抜けしました。

気を取り直して、まず金沢駅構内(金沢港口)に鎮座する「ゆう太郎」像の見学。皆さんのなかにその像(もちろんレプリカ)を欲しがる者があり、後日関係先を調べることに・・。

その後、長町武家屋敷跡の散策をして後、九谷焼の工房を見学。皆さん、たくさんの買い物をしていました。ディナーでは、その時に購入したぐい呑みを早速使って宴会です。美味しい石川県の銘酒をいただきました。

2日間で高崎駅を起点として28時間あまりの一泊二日の観光旅行。群馬県と石川県との距離の近さを再認識した満足の2日間でした。今後は、この会を定例会にすることになりそうです。