本文へジャンプ

活動報告

中国・山東省臨沂での国際博覧会にて石川県をPR

氏名:堀川 進 職業:自営業 都道府県:石川県
中国・山東省臨沂での国際博覧会にて石川県をPR
中国・山東省臨沂での国際博覧会にて石川県をPR

一帯一路の東の玄関口と呼ばれている山東省臨沂市で開催された国際商品博覧会で石川県をPRしてきました。

中国中央政府より物流の都の称号を付与され、近年物流ハブとして急成長している臨沂市で毎年開催されている博覧会が、今年は第10回の節目となる記念の回であり、臨沂市政府・臨沂市総合保税区から予てより依頼のあったジャパンパビリオンを共催させていただく運びとなり、日本全国で出展者を募集いたしました。

共催団体は私個人ではなく、途上国と日本の中小企業をつなぐ任意団体から海外展示会主催経験者が集まり(一社)The Leading Edge Japanを立ち上げて共催団体としております。

残念ながら北陸からの出展企業は居ませんでしたが、ボランティアスタッフとして私の他に石川県と富山県から計2名の女性が参加していただけました。
輸入商品の展示館で、総合保税区のブース内にジャパンパビリオンを設営し、2ブースを使用して石川県のポスター掲示、中国語の観光パンフレットの配布、能登の塩や鯖の漬け物など、県内の商品を数点展示して来場者・他の出展企業・バイヤーの方々にPRしました。現地の新聞社にも取材をしていただきました。

先日金沢市内にてその報告会を2回実施し、そのうち1回は北國新聞社の後援をいただき、取材と記事にしていただきました(2019/12/8朝刊)。