本文へジャンプ

活動報告

2019年の石川県PR活動および今後の活動

氏名:桑原 計彦 職業:会社員 都道府県:石川県
2019年の石川県PR活動および今後の活動

2019年に行った活動と今後の活動について報告いたします。

1)2019年1月に浅草の知人が傘寿の会を開くとのことで参加してきました。
 浅草の芸者衆の踊りを楽しみながらの華やかなひと時を過ごしました。その際、浅草の芸者衆や会場となった割烹料亭の中居さんに名刺をお渡しし、石川県のPRと来県のお願いをしました。

2)仕事で東京方面へ出かけた際に仕事先などで名刺をお渡しし、石川県をPRしています。

3)金沢に観光で訪れた方を案内する機会があり、その際にも名刺をお渡しし、ご友人の方々に石川をPRして頂くようお願いしております。
 また、名刺をお渡しする際には、名刺の裏の案内を説明し、記載の案内所などで“旅ぱすぽーと”を入手してから飲食や買い物をして頂くとちょっとお得感が得られることを説明しています。

4)名刺ケースは加賀友禅などの県の工芸品を使用しお香を忍ばせています。
 そのため、“いい匂いがしますね”とか、“おしゃれな名刺入れですね”と話題になり、話が弾むことがあり重宝しています。

 新幹線開業から来年で5年が経過しようとしています。今までと同様に名刺やパンフレットを利用した活動に加えて、リピーターになっていただく方を増やすような活動を考えながら進めていきたいと思います。
 今後も機会を見つけて石川県のPRを行い、リピーターを増やしたいと思います。