本文へジャンプ

活動報告

イスラエル、カタール大使館でいしかわのPR

氏名:山田 外美代 職業: 都道府県:愛知県
イスラエル、カタール大使館でいしかわのPR
イスラエル、カタール大使館でいしかわのPR

私は2005年の愛知万博以来、世界各国で開かれた万博に参加し、多くの国の方々との出会いの機会を得てきました。その後も日本はもちろん、海外にも機会あるごとに足を運び、現在も交流を続けています。
今年4月にイスラエル大使館とカタール大使館を訪問し、万博を通じた交流のお礼と、私の故郷 いしかわのPRをしてきました。
東京駅から宿泊ホテルに向かう途中に石川県の東京事務所があることを知り、大使館訪問の前に石川県のPR用資料をいただきたいと思い、事務所を訪問しました。事前の予約なしで早朝から訪問したにもかかわらず、横川所長はじめ職員の皆さんにパンフレット(英語のもの)をいただいたり、外国の皆さんの訪問状況を教えていただいたりするなど温かく対応していただきました。
事務所訪問後には事前に面会の予約がしてあったイスラエル大使館とカタール大使館に足を運びました。
イスラエル大使館のヤッファ・ベンアリ大使は、2010年の中国・上海万博の際のイスラエル副委員長で、2012年の韓国・麗水万博の時にも交流を深めておりました。久しぶりの再会を喜んだ後、万博の話はもちろん、故郷・いしかわのPRも忘れませんでした。大使は「北陸新幹線で東京と石川県がより近くなったことでとても興味を持っており、今後訪問する予定もある」と言われました。すぐに事務所でいただいたパンフレットを差し上げると「英語版がほしかった!」と本当に喜んでくださいました。
カタール大使館では、アブドゥラ大使と懇談し、2005年の愛知万博以来つづく 私とスタッフの方との交流にかかわる話とその写真を見ていただきながらの和やかな時間をいただきました。また、交流を続ける中でカタールに行ってみたいという気持ちが大きくなっているので、できるだけ早期にカタールに出かけたいということも話しました。大使はすごく喜んでくださり、「カタールに是非出かけてほしいが、まずは私たちを12月に予定している大使館主催のイベントに招待したい」と話してくださいました。最後に、私の故郷・いしかわへお越しいただきたいこと、私の住んでいる愛知県瀬戸市も故郷同様、陶器(せともの)が有名なので、陶芸鑑賞や作品づくりに是非来ていただきたいことなどをお願いしてきました。
万博を通じて世界各国の皆さんとの交流が今でも続いていますが、機会があれば他の国々の大使館も訪問し、多くの外国人が石川県に来ていただけるよう観光特使としてのはたらきかけをしていきたいと思っています。


山田様201906-4.jpg