本文へジャンプ

活動報告

石川県酒蔵見学ツアー&県内観光(2017&2018年度)

氏名:西野 由利恵 職業:ゆりえ日本酒の会 都道府県:京都府
石川県酒蔵見学ツアー&県内観光(2017&2018年度)
石川県酒蔵見学ツアー&県内観光(2017&2018年度)

毎年一泊二日で冬に実施している自主企画です。
2016年度までは日本酒好きメンバーだけの年1回の企画でしたが、仕事仲間の要望により、2017年度からは1月と2月の2回実施しています。
この企画は、毎回、金沢駅そばの金丸酒店さんから酒蔵さんにお口添え頂いて実現している企画です。

<2017年度>

1. 2018年1月20日(土)~21日(日)
関西の仕事仲間を中心とした計6名(京都&大阪在住者)で、白山市の吉田酒造さんを見学させて頂きました。社長さん自らが蔵の中を案内して下さり、日本酒に詳しくない仲間も興味津々でした。
蔵見学後は、辰口温泉まつさきに宿泊し、石川県の料理と日本酒を十分に味わうことができました。
2日目は、東山界隈を散策しました。ひがし茶屋街は、京都とはまた違った趣があるといって、満足して頂けたようです。泉鏡花記念館を見学した後、宮田・鈴庵でランチを頂き、味だけでなく、目の覚めるようなブルーの壁もじっくり見学させて頂きました。

2. 2018年2月24日(土)~25日(日)
関西を中心とした日本酒仲間計8人(京都、奈良、滋賀、広島、石川)と、羽咋市の御祖酒造さんを見学させて頂きました。
蔵に向う途中、気多大社に寄りお参りさせて頂いたりもしました。蔵では、杜氏さんが酒造りに関して丁寧に説明して下さいました。日本酒好きばかりだったのと、この蔵のファンも多く、大変楽しませて頂きました。蔵見学後は、和倉温泉宿守屋寿苑に宿泊し、和倉温泉をたっぷり堪能しました。
2日目は、東山界隈を散策しました。ランチでは、加賀棒茶を練り込んだ茶そばが食べられる蕎麦屋(武右衛門さん)で舌鼓を打ち、その後は香林坊付近の能樂美術館で能衣装の着付け体験や、まだ雪の残る金沢城公園を散策しました(雪が珍しかったようで、大の大人が雪ではしゃいでいました)。

<2018年度>

20190119 千枚田と月.jpg

1. 2019年1月19日(土)~20日(日)
関西の仕事仲間を中心とした計5名(京都&大阪在住者で前年度と多少異なるメンバー)で、珠洲市の宗玄酒造さんを見学させて頂きました。
蔵に向かう途中、気多大社に寄った後、ジャンボタクシーの運転手さんのオススメで、近くにある妙成寺にも行きました。このお寺、初めて行ったのですが、とても心が落ち着く、風情のあるお寺で、メンバー全員とても気に入ったお寺でした。また是非行ってみたいです。
その後、宗玄酒造さんでは、蔵に加えて、裏にある隧道蔵も見せて頂き、一同満足の蔵見学でした。
その後、見附島、珠洲焼会館に寄り、千枚田のライトアップを堪能しました。その日は輪島温泉たなかに宿泊。床もお椀も輪島塗というお宿に、皆さん喜んでいました!
2日目は、輪島の朝市、永井豪記念館、輪島塗会館を観光後、やぶ新橋店で能登丼やお蕎麦でのランチを堪能。高速バスで金沢に向かい、金沢でお土産を買って解散しました。能登の良さをしっかりアピールできたのではないかと思います。

2. 2019年2月16日(土)~17日(日)
関西を中心とした日本酒仲間計6人(京都・兵庫・広島・東京在住者で、前年度と多少異なるメンバー)と、小松市の加越酒造さんを見学させて頂きました。何度もこの企画に参加しているメンバーは、金沢に前泊して観光したり、この蔵見学が終わった後に金沢にもう一泊されたりと、石川県をしっかり楽しんで下さっているようです。
加越酒造さんでは、社長さんが蔵内を丁寧にご説明下さり、マニアックな質問にまで、しっかりお答え下さいました。その後、辰口温泉たがわ龍泉閣に宿泊し、料理に日本酒に温泉にと堪能しました。
2日目は、まず白山比咩神社に向かい、ゆっくりと境内を散策しました。その後、北鉄石川線とJRを利用して、松任の高砂茶寮(金谷酒造さん経営の食事処)でランチを堪能しました。その後、金沢に戻り、尾山神社を見学後、解散となりました。今回の参加メンバーの中には、この企画で初めて行った観光地もあったようで、それぞれに喜んで頂けたようです。