条件指定検索
カテゴリ
エリア
こだわり条件
現在地からの距離
開催日
所要時間
検索する
  • 2018年5月
       
       
  • 2018年6月
             
  • 2018年7月
           
  • 2018年8月
         
     
  • 2018年9月
               
               
  • 2018年10月
     
         
  • 2018年11月
           
     
  • 2018年12月
               
             
  • 2019年1月
       
       
  • 2019年2月
             
       
  • 2019年3月
             
               
  • 2019年4月
     
           
現在の検索条件:
  • 能登×
512ありました

日本三大朝市の一つで、会話を楽しみがら値切りに挑戦!?

岐阜県の高山朝市・千葉県の勝浦朝市とともに、日本三大朝市の一つに数えられている輪島朝市。朝8時から朝市通りには、新鮮な海産物をはじめ干物や野菜、民芸品などを扱う露店が、道の両側に所狭しと並び、その数は約200軒で…

波打ち際をドライブ、ここでしか味わえない爽快感!

国内唯一、世界でも珍しい波打ち際を自動車で走ることができる千里浜なぎさドライブウェイ。その秘密は砂の粒子が細かく、海水を含んで固く締まっているから。 青空の下、打ち寄せる波のすぐ横を颯爽とドライブ。映画のワンシ…

目の前に広がる増穂浦を独り占め!

増穂浦海岸にある、全長460.9メートルのベンチ。1989(平成元)年、世界一長いベンチとして、ギネスブックに掲載されました。 ベンチ付近は「サンセットヒルイン増穂」と呼ばれる夕日の名所です。「日本海に沈む夕日…

いちご狩りといえばここ!甘みたっぷりのいちごを堪能

 石川県でいちご狩りと言えば「赤崎のいちご」と言われるほど、名が知られているスポットです。4月下旬頃からハウス栽培のいちご狩りが始まります。露地物のいちご狩りが始まるのは5月中旬頃からで、休日には多くの人でにぎわ…

能登

巌門

日本海の荒波が生んだ景観

能登金剛を代表する存在である巌門。海に突き出た岩盤にある、浸食によってぽっかりとあいた洞門は、幅6メートル、高さ15メートル、奥行き60メートルもあり、洞門の上には老松が生い茂っています。鷹の巣岩や機具岩(はたご…

大迫力の軍艦は能登のシンボル!

高さ28メートルの大きな岩がそびえ立ち、軍艦がこちらに向かってくるかのような大迫力! 能登のシンボルでもある「見附島」は、弘法大師が布教のために、佐渡から能登へと渡る際に発見したといわれている島です。「見つけた…

世界農業遺産のシンボル

世界農業遺産に登録された「能登の里山里海」を代表する景観。 日本の棚田百選に認定され、国の名勝にも指定されています。 急斜面に、幾重にも段になり海へと広がる田んぼ。その数は全部で1,004枚。 一つ一つ…

禅の精神伝える名刹

曹洞宗の大本山として瑩山紹瑾禅師により、1321(元亨元)年に創建されました。1898(明治31)年の大火で境内は焼失し、本山は1910(明治43)年、神奈川横浜市鶴見に移り祖院となりました。その後の再建で山門…

海の生き物たちとふれあえる、魅力いっぱいの水族館

のどかな風景が広がる能登島で海の生き物たちとふれあえる水族館です。 のとじま水族館1番人気のアトラクションは「イルカ・アシカショー」。イルカの豪快なジャンプにダンスや輪っか遊びなど迫力満点!アシカはコミカル…

 能登を代表する絶景ポイントです。日本の棚田百選にも選ばれている「白米の千枚田」が一望できます。能登半島周遊の立ち寄りスポットとして人気です。田植えや稲刈り、あぜの万燈(あかり)、さらには結婚式などのイベントがた…

海から昇る朝日と、海に沈む夕陽を見られるロマンチックスポット

 明治時代にイギリス人の設計で造られた白亜の灯台です。禄剛崎は、能登半島の最先端で、ちょうど外浦と内浦との接点にあたるところです。この岬は「海から昇る朝日と、海に沈む夕陽」が同じ場所で見れることで有名です。  …

能登

能登金剛

これぞ日本海!断崖絶壁と奇岩が生み出す迫力ある景観

能登半島国定公園を代表する景観の一つである能登金剛。福浦港から関野鼻までの海岸線をさし、険しい断崖と荒波が作り出した奇岩が続いています。 1番の見どころは「巌門」で、浸食によってぽっかりとあいた大きな穴は圧巻!…

能登の食材並ぶオアシス

能登食祭市場では「いい品・いい味・いい接遇」をモットーに、厳選した能登の味を多数取り揃えております。 1階には能登の新鮮な魚介類を取り扱う「能登生鮮市場」、能登各地の里山里海の伝統的な味を体感できる「里山里海小…

スリル満点、名作の舞台

松本清張の名作「ゼロの焦点」の舞台となった断崖絶壁です。 1961(昭和36)年、2009(平成21)年公開された映画の撮影地で、能登金剛の中でも人気のスポットです。 その昔、周辺の土地がやせていたことや、断…

「関の地蔵」で知られる三重県亀山市関町の古刹関地蔵院(こさつせきじぞういん)の庵主(あんじゅ)である、七尾市出身の宮本光順氏が、志賀町に能登別院を建設し、ふるさとへUターンしました。 宮本氏は、京都大覚寺華道芸…

 輪島に着いたら、まずここへ。旧輪島駅の跡地にある「道の駅 輪島」、愛称「ふらっと訪夢(ほーむ)」です。観光センターでの案内はもとより、地元特産品の販売所「アストアワジマ」(10時〜18時。水曜定休)や飲食店など…

「のと海遊回廊(かいゆうかいろう)」オープン!

 開館以来多くの方に親しまれていた回遊水槽が、「のと海遊回廊(かいゆうかいろう)」に名前を改めリニューアルしました!  広く全体を観覧できる一体型アクリル水槽や、魚群を間近に感じられる観察ドーム、日本海側の…

 能登半島国定公園内の波静かな入江にある国民宿舎のとじ荘は、珠洲(すず)温泉の公共宿です。  目の前には「軍艦島」ともいわれる特異な姿をした見附島が浮かんでいます。天気が良い日には、客室や浴場から立山連峰の稜線…

能登

和倉温泉

名湯で潮風を感じながら絶景を楽しむ

石川県能登観光の拠点、七尾湾に面した「和倉温泉」は開湯から1,200年の歴史を誇り、北陸で唯一の海の温泉として県内はもちろん、全国的にも有名な温泉地です。良質な温泉は豊かな自然美や新鮮な山海の珍味とともに多くの人…

まるでワイキキビーチ?!

 延長4キロの白砂青松の浜辺です。和歌山県の和歌浦、神奈川県の由比ヶ浜と並び、日本小貝3名所の1つといわれています。  11月から3月にかけて、浜には「貝寄せの風」が吹き、サクラ貝をはじめ、ニシキ貝、ワスレ貝、…

能登

九十九湾

透明度抜群の海と大小さまざまな入り江が生み出す美しい景観

日本百景に選ばれた九十九湾は、穏やかな海、きれいに透き通った水の色など心落ち着く景観が広がります。 大小さまざまな入り江からなるリアス式海岸で、能登半島国定公園にも指定されています。東西1キロ、南北1.5キロの小…

能登

禄剛崎

 能登半島の最先端で、ちょうど外浦と内浦との接点にあたる場所にある岬です。「海から昇る朝日と、海に沈む夕日」が、同じ場所で見られることで有名です。海にせり出した断崖には、明治時代に造られた白亜の禄剛埼灯台がそびえ…

揚げ浜式塩づくりを体験

能登地方に400年以上前から伝わる「揚げ浜式」による製塩を行いながら、その伝統を伝えるために造られた塩の総合資料館です。 美しい景色を眺めながらの休憩やご当地土産の購入、揚げ浜式製塩の体験(要予約)など、さまざ…

能登

あえの風

 全室七尾湾に面し、能登島を望むオーシャンビューが楽しめる温泉旅館。個室茶寮でショー(30分間)を見ながらの夕食、豊富な宿泊プラン、充実した施設のあえの風は加賀・能登の観光の拠点に最適です。季節感溢れるさわやかな…

能登

機具岩

神様が残した置き土産、能登屈指の夕焼けスポット

能登金剛の代表的な奇岩の一つである「機具岩」は機織りの神様の伝説を生んだ夫婦岩です。機織りの道具のような岩々からなっている所から名付けられました。高さ16メートルと12メートルの美しい2つの岩が寄り添うように並び…

海辺の宇宙船のような美術館

豊かな自然に囲まれ,ひときわ目立つ建物がガラス美術館です。現代建築とガラス造形が織りなす幻想的な空間をお楽しみください。

斧入らぬみやしろの森

奈良に都があった時代から北陸の大社として朝廷からの尊崇も厚く、文献に最初に登場するのは、大伴家持が能登を巡行したときに「之乎路(しをぢ)から直超え(ただこえ)来れば羽咋(はくい)の海 朝凪ぎ(あさなぎ)したり船楫…

歴史を今に伝える加賀藩十村役の屋敷

十の村を単位にした組織の長が十村役です。加賀藩の前田利常が定めた農政制度で十村役は年貢の取り立てなどをしました。喜多家は十村役の筆頭で茅葺きの十村役門はその象徴とも言える存在です。 屋敷には藩主や武士が泊まるこ…

名物はころ柿ソフトクリーム!

 温泉施設「アクアパーク シ・オン」をはじめ、町の特産品や近隣農家直送の農産物を販売する「みちのえき 旬菜館」などがあります。  併設の足湯・千古温泉「しらさぎの湯」に漬かって、「ほっ」と一息つきませんか。

能登

恋路海岸

 波が穏やかな恋路海岸は伝説が残る海岸です。その昔、深い恋仲となった2人の若者、鍋乃と助三郎がいました。鍋乃に思いを寄せる恋仇の男の罠のため、助三郎は海の深みにはまって命を落としてしまいました。鍋乃も助三郎の後を…

 能登半島国定公園の中にある宿舎「小牧台」です。七尾北湾の美しい景観、遠くは立山連峰を望めます。自慢の料理は、能登の変化に富んだ地形が育んだ四季折々の山海の幸を堪能できます。地元中島町特産の「牡蠣炭火焼」は、冬に…

 七尾出身の世界的パティシェ、辻口博啓氏のシュークルダール(砂糖の芸術作品)を展示する美術館です。併設のカフェでは、オリジナルスイーツが味わえ、パティスリーブティックではテイクアウトもできます。石川県立美術館内に…

 能登半島最北端の道の駅で、半島の北端にある禄剛埼灯台の麓にオープンした交流施設です。地元の農林水産物の直販や、珠洲の特産品「大浜大豆」、「天然にがり」を使った豆腐の販売や豆腐作り体験も人気です。

能登

舳倉島

 輪島の北方約48キロメートルの海上に浮かぶ、溶岩が冷え固まってできたとされる島です。東西に2キロメートル、南北に1キロメートル、面積は60ヘクタールあります。海面から12.5メートルの丘が海面から一番高い場所で…

 北陸における日蓮宗の本山です。1294(永仁2)年、日蓮聖人の弟子日像聖人が師命により妙法を京都に広めようと、佐渡から都上がりの途中、船中で能登石動山天平座主の満蔵法印(日乗聖人)を教化改宗し、一寺を建立したの…

 その昔、土地の娘お小夜と若き船乗り重蔵との悲恋物語が伝わり、砂丘を歩くと「キュッキュッ」と女の人が泣くような音がすることから「泣き砂の浜」とも言われています。はるかに猿山岬を望む景勝地です。ここから黒島に至る腰…

大きなキリコに囲まれて、能登の祭りの伝統にふれる。

日本遺産にも認定されている「輪島大祭(能登キリコ祭り)」で使われるキリコを展示、保管する施設です。 能登地方の祭礼には各町内からキリコと呼ばれる大きな奉燈(御神灯)を神輿のお供に担ぎ出す習慣があります。キリコ会…

 能登島大橋に次いで、能登島への第2のアクセス方法として設置されたつり橋です。全長620メートルの橋から見える眺望は、能登島をはじめ、周辺の七尾湾に浮かぶ島々など、絵画のような美しさです。夕暮れ時には、美しい景観…

 赤崎海岸の高台にあるキャンプ場です。海が近い「フィッシングブリッジ赤崎」などがすぐそばにあるので、磯釣りに最適です。春は、近隣の「赤崎いちご園」でイチゴ狩りも楽しめます。

 禅の里・門前で「じんのびぃ」っとしまっし。日本海の水平線に沈む、あかね色の夕日はまさに絶景です。近くには、曹洞宗大本山總持寺祖院や泣き砂の浜もあります。手作りみそなどの地元特産品が並び、猿山岬灯台のランプが陳列…