平時忠歌碑

たいらのときただかひ
エリア:
能登
カテゴリ:
歴史・文化
 能登へ配流となった平時忠が、荒涼とした中で、一族の行く末を思って歌った和歌が刻まれています。1189(文治5)年2月24日、時忠は都へ「還る」こともなく、淋しく配所の大谷で没しました。能登で生まれた時忠の子、時康は則貞家となり、同じく時国は時国家の始祖となったと伝えられています。

碑石:地元産自然石、高さ1.1メートル、幅1.6メートル、奥行35センチ
碑文:平時忠歌「白波の打ち驚かす岩の上に 寝らえて松の幾世経ぬらん」山口誓子書
住所 〒927-1321 石川県珠洲市大谷町則貞
電話番号 0768-82-7776(珠洲市観光交流課 )
交通アクセス(車)能登空港より車で60分
交通アクセス(公共)北鉄奥能登バス 大谷A線「則貞」下車、徒歩5分
駐車場30台(無料)