道閑刑場跡

どうかんけいじょうあと
エリア:
能登
カテゴリ:
史跡・文化財
 中能登町久江にある道閑が処刑された刑跡です。17世紀、長家の家臣団の内紛が原因で検地反対運動が起こり、首謀者とされる久江村の豪農園田道閑が断罪に処せられました。これが世にいう「浦野事件」です。道閑は、久江村の村端で磔(はりつけ)にされ、3人の男子も首をはねられました。後年、道閑は義民視され、この地方に多い陽炎は道閑の亡霊であるなど、さまざまな「伝説」が生まれています。
住所 〒929-1631 石川県鹿島郡中能登町久江ハ90
電話番号 0767-74-2806
交通アクセス(車)JR能登部駅から車で10分
交通アクセス(公共)JR羽咋駅又はJR七尾駅から北鉄バス(羽七東線)に乗車し久江バス停下車、徒歩10分