大海西山弥生の里

おおみにしやまやよいのさと
大海西山遺跡の保存と活用を目的として整備された施設です。1987(昭和62)年から1989(平成元)年の発掘調査によって発見された大海西山遺跡は、今から1,800年程前の弥生時代の終わりごろの遺跡で、1998(平成10)年には石川県の指定文化財になりました。
東に宝達山、西には日本海、北には能登と加賀の境をなす大海川と、三方を豊かな自然に囲まれた絶景地です。家族そろってお弁当を持って出かけてみてはいかがでしょうか。(火は使わないでください。復元住居を大切にお願いします。)
住所 〒929-1208 石川県かほく市瀬戸町地内
営業時間/期間終日開放
定休日年中開放(ただし、降雪時の入場不可)
料金無料
交通アクセス(車)のと里山海道高松ICより車で10分
JR七尾線高松駅からタクシーで7分
駐車場あり

このスポットから近い宿泊施設

このページを見ている人は、こんなページも見ています

石川 旬のおすすめ旅