石積六角地蔵塔

いしづみろっかくじぞうとう
海の安全を見守る「六角地蔵塔」
エリア:
能登
カテゴリ:
歴史・文化
能登半島国定公園・大島海岸には、日本海のさざ波が打ち寄せる大島諸願堂の端に、石積の六角地蔵塔が物悲しくたたずんでいます。

伝承によれば、その昔、肥前大村(現在の長崎県大村市)の船持武太夫の息子が乗った船が大島の沖で難破し、息子はもちろん乗組員たちも死亡するという出来事がありました。悲しみに暮れた武太夫は、何とか息子や乗組員たちの供養をしたいと考え、遠い故郷の肥前から石を運び、大島の地に塔を建てたということです。

この地蔵塔は、今もなお日本海の潮風に吹かれ、時には荒れ狂う波に耐えながら、海の安全を見守っています。この塔は、室町時代に建てられたと推定されています。
住所 〒925-0147 石川県羽咋郡志賀町大島
電話番号 0767-32-1111(志賀町商工観光課)
FAX番号 0767-32-3978
公式サイト しかまち観光ガイド
交通アクセス(車)羽咋方面より国道249号大島交差点左折400メートル